AX

R.H.さん(会社勤務)

受講生の声

受講生・R.H.さん現在、私は、お忙しい生井先生のお時間を頂き、月曜朝7時からのレッスンを受講しております。一週間の始まりである月曜、そして会社に出社する前の時間に生井先生のレッスンを受講出来ることは、私のライフサイクルにとっても非常に貴重な時間であり、さわやかな一週間のスタートに欠かせない時間でもあります。ドアをノックすると、中は、生井先生が醸し出す素敵な雰囲気で満たされていて、広く温かく、厳粛な学びの場が広がっています。まさに、「さっきノックをしたと思えば、あっという間に一時間が経過してしまう」ような、時に、時間の感覚を忘れてしまう不思議な思いもする場所です。

私が、昨年秋に英会話道場イングリッシュヒルズを訪ねたキッカケは、以下の様な想いからでした。「最近、会社でも、英語力を求められるようになってきた。大学時代に海外ボランティアに行った時の友人とも、未だ、拙い英語で話している。そろそろ本格的に、苦手な英語を習得したい。でも、折角教室に通うなら、一流の先生に教えを請いたい!」、・・・・・そこで、色々とインターネットで検索していて辿り着いたのが、生井先生の英会話道場イングリッシュヒルズでした。

HPの「エレガント」「国際的教養・品格」いう言葉にとても惹かれた私は、面接で、その言葉をまさに体現しているとても威厳ある佇まい、且つ、瞳が深く優しい眼差しの生井先生にお逢いして、圧倒的な存在感に刺激を受け、益々「絶対にここの教室で学びたい!」という気持ちになりました。幸いにも、受講可能となり、レッスンを始めた当初は、とても聞き上手な生井先生に、まるで子供がお母さんに聞いて貰うかのように悩みを沢山聞いて頂いたり(今思い返すと恐縮してしまいます)、生井先生と比べると、幼稚な声で聞き取りづらい自分の声・発音を気にして、一時期においては、日本語も、自信を持って話せなくなってしまったこともありました。

今、私は思い出します。私が自信を失くしたその度に、生井先生は、私を、単に「一生徒」としてでなく、「一人の人間」として真剣に向き合って下さり、教えて下さいました。それは、”little by little”という考え方。生井先生がその度に仰って下さるこの言葉に、私は、「私なりに頑張ればいいんだ!」と思えるようになり、自分のモチベーションを上げ続けることが出来ています。生井先生からは、英語については勿論のこと、「より良い一回きりの人生を、どう自分なりに充実させ、過ごしていくか」について、深く考えさせて下さるヒントを沢山頂いています。いつも感謝の気持ちを持って、これからも、生井先生と「心の旅 with English!」をご一緒させて頂けますと幸いです。

講師の所見

R.H.さんと面談でお会いしたときの第一印象は、「清潔感のある爽やかなお人柄」というイメージでした。そして、その後、実際にレッスンを開始して感じてきたことの一つは、R.H.さんは、「実に綺麗な心の持ち主である」ということです。R.H.さんご自身、当・英会話教室イングリッシュヒルズにて、学習におけるミッションとして、「品格のある、エレガントな英語をマスターしたい」という具体的な計画があります。「品格のある、エレガントな英語」が喋れるようになるには、”何よりも重要な基礎条件”として必要なことは、言語を扱うその本人が、1)「綺麗な心の持ち主である」、2)「豊かな心の持ち主である」ということです。今、そのような観点から述べられることは、R.H.さんにおいては、「”品格のある、エレガントな英語”が喋れるようになる基礎条件は既に備わっている」ということです。

日本におけるほとんどのすべての英会話学習者は認識・理解していないことですが、日本人が<品格のある、エレガントな英語>が喋れるようになるには、まず第一に、「母国語の日本語において、<品格のある、エレガントな日本語>が喋れる、あるいは、喋るための精神基盤(心得)ができている」ということです。R.H.さんは、この考え方を十分に理解している”エレガントな一個人”であると、私は捉えます。

R.H.さんは、毎週、レッスンのスタート時間ちょうどに銀座書斎のドアーをノックして、頗る爽やかな笑顔で入室します。爽やかな笑顔は、他者の心を癒し、エネルギーを与えてくれます。私自身、毎回のレッスンにおいて、R.H.さんが醸し出す爽やかな雰囲気から、実に、たくさんのエネルギーをいただいています。R.H.さんは、常に、全身全霊で英会話を学ぼうとする、「堅実、且つ、謙虚な学びの姿勢」を堅持している優秀な受講生です。私自身、講師として、そして、”一人の人間”として、R.H.さんの夢が現実のものとなるように、自身が出し得るすべてのエネルギーを投入していこうと心に決めています。”little by little”という基本精神を基盤として・・・。

「他人との約束を守る」、「安易な言葉よりも、”具体的な行動”が実りある人生をつくる」、「ものの豊かさよりも、”心の豊かさ”を大切にしたい」、「真の意味での”品格”とは、日々における”一つひとつの小さな心遣い”から生まれるもの」等、R.H.さんがお持ちの信念は、講師の生井利幸と同じもの。私自身、R.H.さんの学習におけるミッションが確実に現実のものとなることを強く切望しています。

→受講生のご紹介一覧に戻る