AX

N.M.さん(PR会社勤務)

受講生の声

受講生・N.M.さん私が英会話を習おうと思ったのは、英語を話せると仕事において携わることができる案件が増えることと、また、海外旅行でホームステイを体験した際、「英語をもっと話せたら、もっとお互い分かり合え、ぶつかりあえるのに・・・」と感じたことがきっかけでした。そして、これから公私共に、「もっと豊かに生きていくために、英語を話せるようになりたい!」と思ったのです。そして約1年前、面談で生井先生の厳しく優しいお人柄に触れ、「ここで頑張るぞ!」と、イングリッシュヒルズでお世話になることに決めました。

レッスン中、生井先生は、まるでオーケストラを率いる指揮者のように、時に立ち上がり、動作をあわせたりしながら、情熱をもって向かい合ってくださります。時には話が弾み、人生観や哲学など深いお話を伺えることもあり、英語以外の「学び」「気づき」も一緒に教えていただいています。そのためレッスンはとても楽しい時間で、一時間が経つのが、毎回あっという間です。

本当にお恥ずかしい限りなのですが、私はつい最近まで仕事などのせいにして、きちんと復習をして授業に臨めていませんでした。「これじゃだめだ!」と思っているのに何度も繰り返してしまう自分に嫌気が差し、内心では通うことがかなり辛かったです。それでも、見捨てず熱意をもって指導してくださった先生に本当に感謝しています。いつもありがとうございます。

ボイスレコーダーで録音した講義の内容を聞き返すと、言いたいことがうまく話せず伝えられないことや、すぐに詰まってしまうことに、もどかしさを感じたり、「こう言えばよかった!」と思ったりと、復習するときには決して単調でなく、そこにはたくさんの刺激・発見があります。イングリッシュヒルズのレッスンは、噛めば噛むほどに、まるで『スルメ』のように味わい深いのです。

私には地道な努力が足りないと思うので、基礎を大切に、1)「防水ノートを用いての音読」、2)「ボイスレコーダーでのヒアリング」、3)「ノートへの復習」の3つを欠かさず積み重ねていきます。そして、必ず流暢な英語を話せるようになりたいと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

N.M.さんのノート

絵を描くなどして、「印象」(impression)で英語を覚えることに主眼を置いたN.M.さんのノート

講師の所見

N.M.さんは、これまで本当に頑張り通してきました。英会話を習得すると仕事の幅が広がるということはもちろんですが、N.M.さんの場合、それだけの理由で当英会話道場イングリッシュヒルズで学んでいるわけではありません。N.M.さんは、本来、様々な分野について興味・関心を持っている人です。N.M.さんは、英会話の習得を通して国際レヴェルの教養・品格を養いたいという自分なりの夢があります。

現在、レッスンは、毎回、楽しく、大きな笑いのあるレッスンとなっています。N.M.さんは、自宅では、宿題で出された英語の会話表現を防水ノートに書き写し、毎日、お風呂に入りながら、繰り返し音読の練習をしています。お風呂での音読は、さぞ、<気持ちのいい復習>となるに違いありません。お風呂場ではエコーがかかりますので、アナウンサーやD.J.にでもなったつもりで、楽しみながら、自分の口で何度も英語を喋っているうちに、英語が、いつの間にか自分の心と体の中に浸透していき、無理なく、英語を自分のものとしていくに違いありません。

N.M.さんは、女性向けのフィニッシング・スクール(マナーを教えるスクール)も長く通っていました。N.M.さんは、日本語における品格を基盤として、英語でも、「品格のあるエレガントな喋り方・振舞い方」を養うべく、現在、レッスンにレッスンを重ねて、「エレガントな国際派レディー」として成長するべく、自分自身をしっかりと磨いています。

→受講生のご紹介一覧に戻る