AX

M.U.さん(外資系企業勤務)

受講生の声

受講生・M.U.さん英会話学習に何度も挫折していた私の心に『もう一度勉強したい!』と今までにない強い思いが膨らんできたのは外資系である今の会社に入り必要性を痛感したからでした。その後、これまでの挫折経験をもとに条件を入れ、インターネットで教室探しを始めたところ、イングリッシュヒルズのHPに辿り着きました。じっくり読み進めていくと、などという文字が次々と私の目に飛び込み、ここまで受講生に対して真剣に向き合ってくれる教室があったのかと嬉しくなりました。

厳しいところでないと今までと何も変わらないと思っていた私は、不安も勿論ありましたが面談のお願いをしました。 銀座書斎にお邪魔し、生井先生の温かいお人柄に触れ、帰路では不安よりも明るい未来が開けたようなワクワクした気持ちになっていました。

先生が工夫を凝らして飾られている階段脇の絵画や植物に迎えられて通うレッスンは、私の気持ちをさらに高めてくれます。私が理解できず戸惑っていると、先生はいくつもの表現に変え、英語で理解できるよう穏やかに導いて下さります。かなりの集中力を要す1時間ですが、その中で先生から伺う幅広い分野のお話は、私にとって大変興味深いものばかりで、本当に楽しく勉強させて頂いています。

私は復習をしているとシェークスピアの”楽しんでやる苦労は苦痛を癒すものだ”という言葉を思い出します。楽しみながら行うと、大変な中にも心に余裕が生まれ、より多くのことに気付くことができるのではないかと思うからです。英語に関してだけでなく、改めて、「時間の大切さ」、そして、「時間は自分で作るもの」ということを実感すると共に、ボイスレコーダーを何度も繰り返し聴くことにより様々な改善点について気づくことができます。達成感や理解できた時の喜びは「癒し」にもなり、改善点を改めて、日々、少しずつでも自分自身が成長できると考えたら、復習は「辛いもの」ではなく、「ありがたいもの」にさえ感じてきます。そして、そのボイスレコーダーに入っている全ては、生井先生の貴重な1時間を頂いたものだということを考えたらなおさらです。

私は英会話を真剣に学ぶにあたり、かなり遠回りをしました。しかし、現在、生井先生という素晴らしい先生とご縁がありご教授頂いていることに日々感謝し、これからも地道に努力していきたいと思います。

講師の所見

M.U.さんは、イングリッシュヒルズの一つひとつのレッスンにおいて、本当に熱心に英会話を学ばれています。英会話習得という観点からみると、M.U.さんは、英会話の学習者として、”極めて望ましい条件を備えている人”であるということができます。より良い方法で英会話をマスターするには、単に、上辺だけの英語表現を丸暗記しようとしても、あまり効果は出ません。大切なのは、言語のみを表面的に暗記するのではなく、「英語を通して、様々な分野に興味を持ち、英語で幅広い教養を養っていく」ということです。このことは、写真・上のM.U.さんのノートを見れば、一目瞭然です。M.U.さんは、レッスンで講師が解説している様々なトピックについて自宅でしっかりと復習をし、自分なりにノートにまとめています。M.U.さんは、60分のレッスンのすべてをボイスレコーダーで録音し、次のレッスンまでの間、何度も繰り返し聴いて、詳細にわたってレッスン内容をノートにまとめています。

<1>「レッスンを受けるだけで何の復習もしない」、<2>「すべてのレッスン内容を録音し、一週間かけてしっかりと復習し、レッスンで習った英語を確実に自分のものにする」、イングリッシュヒルズで英会話を学習する上で、<1>の方法を採るか、あるいは、<2>の方法を採るかという問題は、学習の成果において、実に比較にならないほどの相違があるということは、今更説明するには及ばないことでしょう。

M.U.さんは今、イングリッシュヒルズのレッスンを通して、「教養のある英日バイリンガル」として、そして、「品格のある、エレガントな英語を喋る国際人」として、劇的に生まれ変わろうとしています。毎日、レッスンの復習に相当な時間を投じているM.U.さんは、今、確実にキャリアアップを図るべく、そして、ご自身における新しい可能性を見い出すべく、全力で英会話を学んでおられます。”腹を決めて”イングリッシュヒルズで学ぶM.U.さんへのレッスンは、講師である私にとって、本当に教え甲斐のある大切な時間的空間となっています。

→受講生のご紹介一覧に戻る