AX

M.K.さん(会社員)

受講生の声

受講生・M.K.さん前職の外資企業では英語を使う機会が多かったもかかわらず、バイリンガルの人達と自分を比較して英語コンプレックスが強くなる一方でした。そんな状況を何とかしたいとこちらへ通い始めて気づかされたのは、”基本を正しく身につける”ことです。

基礎力もないのに背伸びをして周囲の外国人の真似をしていた時もありましたが、先生の授業を通して、日本語を母国語とする日本人なのだから、シンプルで標準的な表現をたくさん習得し、自信を持って話せるようになりたい、と思うようになりました。

発音を直してもらえたり、シチュエーション毎の会話の流れなど、細かい部分まで教えて頂けるのがとても心強いです。

講師の所見

M.K.さんは、毎回、楽しい雰囲気でレッスンを受講しています。講師側の所見としましては、「今のうちにしっかりと英会話の基礎を構築して、将来におけるキャリアアップに活かしていただきたい」ということです。

M.K.さんは、日々の生活において、クラッシック音楽や絵画など、たくさんの芸術に触れています。M.K.さんはバイオリンをお弾きになられるということもあり、非常に「音感」に優れた受講生です。私自身、長年教えた経験から言えることは、通常、優れた音感の持ち主は、英語の発音・アクセント・イントネーションの習得が速く、また、英語コミュニケーションに必須の「間の取り方」の学び方にも優れています。そうした観点からも、私は、これからのM.K.さんの学習における進度をみるのがとても楽しみでなりません。

講師として、一人ひとりの受講生の「個性」「持ち味」「興味の対象」などを慎重に考慮し、常に、できる限り受講生の個性に合った方法でレッスンを行っている私としては、レッスンにおいて、M.K.さんの音感の良さを十分に活かし、M.K.さんの英語コミュニケーション能力を飛躍的に向上させたいと思っております。今後、M.K.さんが、さらに、「エレガントな国際コミュニケーター」として劇的に変貌を遂げることを念頭に置き、常に、心を込めて、そして、丁寧に、レッスンを行っていきたいと思っています。

→受講生のご紹介一覧に戻る