AX

G.N.さん(会社勤務)

受講生の声

受講生・G.N.さん私は世界中でビジネスを行うために英語をマスターしたいと思っていましたが、そこそこ意思疎通はできるようになったものの、自分のやり方に限界を感じていました。どんな分野においても、一流のプロフェッショナルに学ぶのが上達の早道です。先生はプロであるばかりでなく、プライベートレッスンという形で受講生に応じて指導していただけることを知り、まさに、「ここしかない!」と思い、イングリッシュヒルズの門を叩きました。

英語をマスターすると決意したものの、当初の私の取り組み方はひどいものでした。具体的に言えば、「宿題として与えられる回数だけテキストを読み、レッスンの復習は単にボイスレコーダーを何度も聞くだけ。レッスン日記は課題がないかどうかチェックする」というものでした。当時は、自分では一生懸命やっているつもりでした。先生は、レッスン中やレッスン日記を通して、何度も私に他の受講生の素晴らしい取り組み方を紹介し、私が良い方向に向くよう優しく、時には、厳しく指導されました。今振り返ってみると、途中で辞めさせられてもおかしくない状態で、当然ながら、「受講期間の割には英語の上達は頗る遅い」という有様でした。

このままではいけないと思った時に、レッスン日記に、「ディクテーション以上の効果的な学習方法はない」との記載を見つけ、やっとレッスンのディクテーションをするようになりました。私はここで初めて、先生が一つひとつの言葉を繊細に丁寧に扱っておられ、その大切さを知り、話されている内容の深さを知ることができました。また、私は、「心で聞き、話す」といった”心重視のコミュニケーションの重要性”についてきちんと理解できていないことにも気づき、「理解不足、そして、取り組み不足が原因で、レベルアップができていない」という当たり前のことにようやく気づいたのです。

レッスンを真摯に受け、レッスン日記を丁寧に読んでいればすぐに気がつくことですが、私の場合、それに気づくまで、実に長い時間を要しました。幸いにも、このことについて、辞めさせられる前に気づき、この瞬間から、私は、「完全に先生に心を預けてレッスンを受け、常にしっかりと復習することにより、私の英語の上達速度が劇的に向上し、理性、感性、教養、そして日本語を含めて、私というものがトータルに向上するのだ」ということを実感するに至ったのです。日常生活においては、なかなか本質的な事を考え、他人と議論する場はありません。イングリッシュヒルズは、単に英語を学び、マスターするだけの場ではなく、”Spring of Sophia”(知の泉)として、哲学、文化、歴史、ビジネス、自然との対話など、実に多岐に渡る先生のお話を基に本質を考え、自分のものにすることができます。こういう機会を与えてくださっている先生に本当に感謝しています。一秒一秒を大切にして国際的教養のあるエレガントなバイリンガルに変貌を遂げることを目指して頑張りたいと思います。

講師の所見

G.N.さんは、レッスン・スタート当時、事前に講師からボイスレコーダーの使用許可を得ることを怠り、レッスンにおいて、即座に、その場で講師から注意を受け、長い期間にわたりボイスレコーダーを使用することができませんでした。幸い、G.N.さんは、後に、ボイスレコーダーの使用を許され、「その時点から、教室における他の受講生と同じ学習条件を得ることができた」という経緯があります。この経験は、G.N.さんにとっては、”実に苦い経験”だったに違いありませんが、G.N.さんは、この苦い経験があり、その後、そのことを深く反省し、冷静に”事の重大さ”を思索してきたらこそ、その当時から現在に至るまで、「講師の60分レッスンのすべてを録音できる」という学習条件に対して感謝することを忘れず、毎回、一つひとつのレッスンを本当に大切に捉え、頗る丁寧にレッスンの復習をすることができたのだと思います。

当教室において、講師は、受講生の職業・年齢・性別などに関係なく、常に、すべての受講生に対して平等に接し、「公平無私な学問の精神」を基盤として、国際社会に存するべき正義に基づいてレッスンを行っています。すべての指導・助言は、極めて厳格に、そして、厳しく行われますが、この「厳格さ」「厳しさ」に基づく指導は、そのすべてが、「お一人お一人の受講生に対する真の国際教育を実践する」という目的の下、まさに、”地球規模の愛情”を基盤として行われます。このことは、G.N.さんに対する指導においても、そっくりそのままの形で該当することです。

前述のような指導が功を奏し、その後、G.N.さんは、もの凄い底力で頭角を現し、少しずつLesson Extraordinaryの受験準備に着手。そして、昨年12月、同コースを受験。G.N.さんは、すべての必要条件を満たし、厳しい書類審査、面接試験にもはれて合格。2011年1月からLesson Extraordinaryに進級し、真の意味での「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガル」への変貌を目指し、講師が与えるすべての指導・助言を注意深く聞き、毎日、そのすべてを真心を持って実践しています。現在、G.N.さんは、講師に完全に心を預け、「迷いのない、”清らかな心”」を基盤として、一歩一歩前に進んでいます。

G.N.さんは、レッスンにレッスンを重ねながら、徐々に「崇高な心のステージ」を構築。<講師の心>と<G.N.さんの心>が一つになった今、G.N.さんは、1)「品格のあるエレガントな英語を習得する道」、そして、「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」を着々と歩んでいます。レッスンを通して、1)「一秒一秒の面前」、そして、2)「一語一語の面前」において極めてデリケートな捉え方ができるようになったG.N.さん、Lesson Extraordinaryにおいて完全燃焼し、華々しく自身の夢を現実に変えていただきたいと切望しています。

→受講生のご紹介一覧に戻る