AX

講師の考え方

| 教室の特徴 | 講師の考え方 | 銀座書斎 | 新富町教室 | 教室の諸規則 | 講師プロフィール |

人生は、「やるか・やらないか」で大きく変わります。

マスメディアから取材を受ける、講師の生井利幸。

当教室は、「英語が喋れない人」を喋れるようにする教室です。したがって、教室で学ぶ上で最も大切な条件は、「自分を英語スピーカーとして変貌させたい」という情熱です。

言うまでもないことですが、英語を学ぶ上で、素質や才能は全く関係ありません。人間の人生は、「やるか・やならいか」、即ち、「学ぶか・学ばないか」で、『将来の自分像』が大きく変わっていきます。

英会話は、一事が万事において、「やるか・やらないか」です。やらなければ英語が喋れるようになる道理はありませんが、腹を決めてやれば、必ず英語が喋れるようになります。当教室においてわたくし生井利幸の指導・助言通りに学び続けた人は、100パーセントすべて、英語が喋れるようになっています。

毎回のレッスンを基盤として、毎日、全力で猛勉強を続ける新受講生・M.S.さん。

毎回のレッスンを基盤として、毎日、全力で猛勉強を続ける新受講生・M.S.さん。

「特別追加レッスン」受講当日、M.S.さんから、素敵な真心を頂戴しました。

「特別追加レッスン」開講当日、M.S.さんから、素敵な真心を頂戴しました。

◆M.S.さん作成のノートの一部

講師(生井利幸)の考え方

英会話道場イングリッシュヒルズは、言うまでもなく「英会話教室」です。しかし、当教室は、いわゆる、一般にみられる<営利主義の英会話スクール>ではありません。

講師であるわたくし生井利幸は、すべての受講生に対して、「本気」で向き合っています。教室におけるすべてのレッスンにおいて、私は、常に、「嘘偽りのない本当の心」で、真心を込めてティーチングを行っています。

私は、すべての受講生に対して、英語で、「本当の心」と「本当の心」で『心存在のコミュニケーション』を図りたいと常に切望しています。そのような理由から、受講生においては、レッスンにて「もう少し自分の正直な気持ちを伝えたいが、そのようなことを言っては先生に笑われるのではないか!」という心配は一切無用です。

英会話道場イングリッシュヒルズの教室は、「厳格な学びの場」です。受講生の皆さんは、一歩、教室に入ったら、普段の世間的なしがらみは一切取り払い、英語で「素の自分」を表現してみてください。

私は、常に、受講生から、いつ、どのような話が出てもいいように「心の準備」をしています。当教室は、単に、コミュニケーションのツールとしての英会話のみでなく、「英語で、国際的に通用する教養を養うこと」を最終目標とする”極めて厳格な教室”です。

すべての受講生は、レッスンにレッスンを重ねながら、一般の英会話スクールでは決して学ぶことのできない、「奥の深い、素晴らしい英語の世界」を満喫することができます。受講生は、それぞれ、自分自身の現在における英語力から出発し、少しずつ、心を込めて丁寧に、「品格のあるエレガントな英語」を学んでいます。

受講生・S.H.さんは、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアに短期留学。S.H.さんは、当教室で留学まで全身全霊で英語の準備をし、帰国後も、アメリカ滞在を活かし、さらに、実用英語力と国際的教養のアップグレードを図りました。

写真は、受講生・H.S.さんからいただいた新年の挨拶状と美味しいお菓子です。H.S.さんは、新年を迎えるにあたり、新しい目標を掲げました。

講師の紹介(教育理念、人物、プライベート・ライフ等)

⇒ 講師プロフィール
⇒ 講師のプライベート・ライフ
⇒ 教室の特徴
⇒ 私が、銀座に、“小さな英会話教室”を開いた理由
⇒ 講師としての決意表明