AX

教室の特徴

| 教室の特徴 | 講師の考え方 | 銀座書斎 | 新富町教室 | 教室の諸規則 | 講師プロフィール |

初めて英会話を学ぶ人でも、少しずつ、英語が喋れるようになります。

⇒写真をクリックすると、受講生・T.A.さん執筆の「受講生の声」を閲覧することができます。

言うまでもなく、日本では、「暗記学習」を通して英語を学ぶのが普通の学習方法です。しかし実際、「暗記」(memorization)で学んだ英語は、後に、そのほとんどすべてを忘れてしまいます。

その理由は、単に、「暗記」で英語を覚えても、そうした学習プロセスにおいては“何らの印象深い学習経験”もないため、英語の一語一語が学習者の心の中に浸透することはないからです。

残念な事実ですが、学習者の心の中に浸透しない英語は、後に、そのほとんどすべてを忘れてしまい、そうした学習経験を何年続けてもいっこうに英語が「自分の言語」となることはありません。

英語をしっかりと自分の心に浸透させ、「英語の一語一語」を「自分の一語一語」とする方法はたった一つしかありません。

その方法とは、英語を学ぶプロセス、即ち、実際の英会話レッスンにおいて、講師が喋る英語の一語一語について、「インパクトのある印象」、「忘れがたい強烈な印象」を積み重ねていくという学習方法です。

当教室の講師は、長年、米国ペンシルベニア州の大学で教壇に立つ一方、世界の国々で講演・講義等を行ってきた英日バイリンガル講師、生井利幸です。当教室の講師は、一つひとつの英会話レッスン(60分レッスン)において、「たった一人の受講生の前」で「講師自身の心の奥底」から英語の一語一語を発し、すべてのレッスンにおいて、「受講生の心の奥底に浸透する英語」を発しています。講師は、このために、一つひとつのレッスンにおいて、常に、<120パーセント>のエネルギーを投入し続けています。

英語は、暗記ではなく、「印象」(impression)で習得するのが最も効果的な学習法です。「心で英語を感じ、心で英語を喋る」、・・・あなたも是非、当教室で「心で喋る英会話レッスン」を積み重ね、「品格のあるエレガントな英語スピーカー」になることを目指し、一歩一歩確実に前に進んでいってください。講師は、常に、全力で学ぶ受講生を応援しています。

Y.T.さんは2016年5月からレッスン受講をスタートした新受講生ですが、自分を劇的に変えるべく、既に腹を決めています。腹を決めた人が行う勉強の道には、実に頑丈な柱が立っています。

Y.T.さんは2016年5月からレッスン受講をスタートした新受講生ですが、自分を劇的に変えるべく、既に腹を決めています。腹を決めた人が行う勉強の道には、実に頑丈な柱が立っています。Y.T.さんは、レッスン受講スタート以降は、好きだったお酒は週に1回程度とし、毎日、レッスンの復習を中心とした猛勉強を続けています。

Ms. Y.A. had such enjoyable time with her instructor, Toshiyuki Namai after receiving the special lecture in English.

delicious confectionery from Ms. Y.A.

「品格のあるエレガントな英語」を習得するための完全個人指導

受講生・K.H.さんからいただいた真心いっぱいのメッセージ

言うまでもなく、日本人にとって、英語は”外国語”です。ご承知のように、日本全国に数多くの英会話スクールがありますが、レッスンを通して確実に英会話力(国際コミュニケーション力)をアップさせている人は、ほんの一握りの人々であるというのが現実です。

実際、当教室において、受講希望者を対象とする面談で耳にすることは、「今まで・・という英会話スクールに通っていましたが、何年通っていてもまったく喋れるようにならなくて困っていました」ということです。何年、英会話スクールに通っても正しい方法で英語が喋れるようにならなかった人に共通する”過去の経験”は、以下の通りです。

 (1)講師は、「単に”外国人”である」というだけで、「英語を教えるプロ」ではなかった。
 (2)講師は、しっかりとした英語教授法を確立していなかった。
 (3)レッスンは”名ばかり”で、毎回、”雑談同様のレッスン”であった。
 (4)レッスンにおいて受講生が喋る英語を、講師は、単に聞き流すだけであった。
 (5)講師は、実務経験・人生経験の浅い先生であった。

言うまでもなく、言語としての「英語の構造」は、「日本語の構造」と全く違います。それ故、英語教授法を確立していない外国人講師の雑談同様のレッスンを何年受けても、それは、単に英語の音を聴いているだけの行為でしかありません。

英会話を確実に習得するためには、英語を教えるプロフェッショナルの指導の下、「言語が備える構造・特質」としっかりと向き合って体系的に学習していく必要があります。

今、ここで、極めて大切なポイントについて述べたいと思います。英会話は、「会話表現の基礎の基礎」から体系的に学んでいくことなしにマスターすることは不可能です。当教室、即ち、英会話道場イングリッシュヒルズのすべての受講生は、この考え方を十分に理解している大人の方々です。

言うまでもないことですが、次に述べるような英語、即ち、

 (1)「Yes / No、あるいは、”I think so.”で返事をするだけの単調な英語」
 (2)「社会常識・マナーが欠如した英語」
 (3)「ハリウッド映画の暴力シーンで使われるようなスラングばかりの英語」

のオンパレードの話し方では、国際社会において、常識人・教養人とコミュニケーションを図ろうとする際には全く役に立ちません。

教養豊かな国際コミュニケーターとして「品格のあるエレガントな英語」を喋るためには、熟練した国際コミュニケーション・スキルを備えたプロのバイリンガル講師の指導の下、堅実な方法で、一つひとつ、地に足の着いた方法で学習を進めることが必要不可欠となります。

当・英会話道場イングリッシュヒルズは、多人数によるクラス・レッスンは行わず、すべてのレッスンを「プライベート・レッスン」(完全個人指導)としています。講師は、一つひとつのレッスンにおいて、英語における一語一語の「深さ」「重さ」をしっかりと教授。実にすべての受講生に対して、「英会話習得の突破口」を与え続けています。

当教室においてレッスンをスタートするには、まず第一に、面談を受けることがファースト・ステップとなります。面談の時点では、受講希望者の現在の英語力は一切問いません。実際、当教室における受講生の英語力は様々です。例えば、

 (1)「初心に戻り、英語の基礎の基礎(中学英語)からやり直したい人」
 (2)「過去において英会話を学んだ経験はあるが、途中で挫折し、今再び、学び直したい人」
 (3)「既に仕事で英語を使っており、さらに英語力のアップ・グレードを図りたい人」

など、当教室の受講生は実に様々です。すべての受講生において共通している目標設定は、当・英会話道場イングリッシュヒルズにおいて、”腹を決めて”全身全霊で英語を学び、現在の自分を「品格のあるエレガントな英日バイリンガルへと変貌させたい」ということです。受講生はすべて、「”腹を決めて”英語を学び、今の自分を劇的に変えたい」と切望する努力家の紳士・淑女の皆さんです。

休暇を利用してオーストラリアに滞在した受講生・Y.T.さん(写真・左)。

受講生・Y.B.さんからいただいた綺麗な薔薇。

講師の紹介(教育理念、人物、プライベート・ライフ等)

⇒ 講師プロフィール
⇒ 講師のプライベート・ライフ
⇒ 講師の考え方
⇒ 私が、銀座に、“小さな英会話教室”を開いた理由
⇒ 講師としての決意表明