AX

講師が実践し続けている「英会話レッスンの理想郷」

言うまでもなく、日本人にとって、英語は”外国語”です。ご承知のように、日本全国に数多くの英会話スクールがありますが、レッスンを通して確実に英会話力(国際コミュニケーション力)をアップさせている人は、ほんの一握りの人々であるというのが現実です。実際、当教室において、受講希望者を対象とする面談で耳にすることは、「今まで・・という英会話スクールに通っていましたが、何年通っていてもまったく喋れるようにならなくて困っていました」ということです。

何年、英会話スクールに通っても正しい方法で英語が喋れるようにならなかった人に共通する”過去の経験”は、以下の通りです。

(1)講師は、「単に”外国人”である」というだけで、「英語を教えるプロ」ではなかった。
(2)講師は、しっかりとした英語教授法を確立していなかった。
(3)レッスンは”名ばかり”で、毎回、”雑談同様のレッスン”であった。
(4)レッスンにおいて受講生が喋る英語を、講師は、単に聞き流すだけであった。
(5)講師は、実務経験・人生経験の浅い先生であった。

言うまでもなく、言語としての「英語の構造」は、「日本語の構造」と全く違います。それ故、英語教授法を確立していない外国人講師の雑談同様のレッスンを何年受けても、それは、単に英語の音を聴いているだけの行為でしかありません。英会話を確実に習得するためには、英語を教えるプロフェッショナルの指導の下、「言語が備える構造・特質」としっかりと向き合って体系的に学習していく必要があります。

今、ここで、極めて大切なポイントについて述べたいと思います。英会話は、「会話表現の基礎の基礎」から体系的に学んでいくことなしにマスターすることは不可能です。当教室、即ち、英会話道場イングリッシュヒルズのすべての受講生は、この考え方を十分に理解している大人の方々です。言うまでもないことですが、次に述べるような英語、即ち、(1)「<Yes / No,>、あるいは、<I think so.>で返事をするだけの単調な英語」、(2)「社会常識・マナーが欠如した英語」、(3)「ハリウッド映画の暴力シーンで使われるようなスラングばかりの英語」では、国際社会において、常識人・教養人とコミュニケーションを図ろうとする際にはほとんど役に立つことはありません。

教養豊かな国際コミュニケーターとして「品格のあるエレガントな英語」を喋るためには、熟練した国際コミュニケーション・スキルを備えたプロのバイリンガル講師の指導の下、堅実な方法で、一つひとつ、地に足の着いた方法で学習を進めることが必要不可欠となります。当教室は、常に、全身全霊で英語を学ぶ「本物」のみを、受講生として教室に受け入れています。「安易な近道は、結局、”遠回り”となる」、・・・当教室は、常に、この考え方を基盤として、多人数によるクラス・レッスンは行わず、すべてのレッスンを「プライベート・レッスン」(完全個人指導)のみとし、一つひとつのレッスンにおいて、英語における一語一語の「深さ」「重さ」を全身全霊で教授し、すべての受講生に対して「英会話習得の突破口」を与え続けてきました。

当教室においてレッスンをスタートするには、まず第一に、面談を受けることがファースト・ステップとなります。面談の時点では、受講希望者の現在の英語力は一切問いません。実際、当教室における受講生の英語力は様々です。例えば、(1)「過去において英会話を学んだ経験が一切ない方」、(2)「過去において英会話を学んだ経験はあるが、途中で挫折し、再度、学び始めた方」、(3)「既に仕事で英語を使っており、さらに英語力のアップ・グレードを目指している方」など、受講生の英語力は実に様々です。

すべての受講生において共通している目標設定は、当・英会話道場イングリッシュヒルズにおいて、”腹を決めて”全身全霊で英語を学び、現在の自分を「品格のあるエレガントな英日バイリンガルへと変貌させたい」ということです。当教室には、”趣味感覚”で英語を学んでいる人は一人もいません。受講生はすべて、「”腹を決めて”英語を学び、今の自分を劇的に変えたい」と切望する努力家の紳士・淑女の皆さんです。

当教室が誇るクオリティーの高いティーチング内容、そして、受講生の学習内容について知るには、このウェブ・サイトを隅々まで熟読することが最善の方法です。特に重要なページは、(1)[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道のり」、(2)「レッスン日記」です。すべての記述内容は、レッスンを行っている講師・生井利幸が、たっぷりと時間をかけて、真心を込めて丁寧に執筆・編集・掲載したものです。

(1)の[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道のり」のページに掲載されている学習教材はすべて重要ですが、通常、このページの教材は、当教室でレッスン受講をスタートして丸一年(12ヶ月)にわたって学習に学習を重ねた後に使用します。「銀座で学ぶ、女性のための基礎英会話」コース、及び、「音から入る、はじめての英会話」コースからスタートする受講生は、最初の一年間は、やさしい英語を用いて、ゆっくりと丁寧に、受講生にとって最もわかりやすい方法でレッスンを行っていきます。

一年かけて基礎を構築した後は、上記「特別講義」における教授内容を含め、「品格のあるエレガントな英語」の習得を目指し、様々な学習をしていただきます。レッスン方法は、すべて、英語を英語で教える「ダイレクト・メソッド」(Direct Method)。一年目は、やさしい英語で、ゆっくりと丁寧に教授。その後も、引き続き、受講生ご本人の英語力に応じて、最も妥当な方法で教授していきます。