AX

茶道から追究する”elegance of elegance”

本稿では、”elegance of elegance”を追究する上での一つの重要ポイントとして、「より良い英語コミュニケーションスキルを養う上で、日本文化をいかに役立てていくべきか」について講じます。

日本社会では、概して、(1)「英語コミュニケーション」と(2)「日本文化」には、何らの接点、あるいは、相関関係も存在しないと考える傾向にあります。しかし、はたして本当にそうなのでしょうか。

今回は、日本文化において極めて重要な役割を担う「茶道」を手がかりに「コミュニケーションの真髄」(the quintessence of communication)について考えてみたいと思います。

言うまでもなく、茶道は、客をもてなす際における茶の入れ方・飲み方における伝統的な作法を指すものであり、一般に「茶の湯」と呼ばれています。茶道は、室町時代に村田珠光(1423-1502)を祖として始まったものであり、後の安土桃山時代において、幼少時代から茶の湯の名人・竹野紹鴎(1502-1555)の下で侘茶を学んだ豪商・千利休(1522-1591)が完成させた作法です。千利休は、茶道において、仏教の禅の精神を取り入れ、侘・寂の概念、一期一会の心得を基盤として完成させ、織田信長や豊臣秀吉の茶頭を務めると共に、日本の精神文化に多大な影響を与えました。

茶道の心得である一期一会は、一生にたった一度の出会いという意味がそこにあります。この心得は、亭主が茶室で客を迎えるときには、「人生最高の一時として心を込めて客をもてなす」という意味を成すものです。

本来、この言葉は、千利休の高弟・山上宗二(1544-1590)が著した『山上宗二記』に記されている千利休の言葉・「一期に一度」に由来するものです。「一期」は一生の意味であり、茶会は二度と繰り返されることのない「一生に一度の出会いである」という亭主と客の心の持ち方を意味するものです。現在の一期一会という言葉は、江戸時代後期において、井伊直弼が著書 『茶湯一会集』において「一期一会」と表現したことに由来します。

茶会を開くとき、客を迎える主人は、床の間の掛け軸、花、茶碗など、客人をもてなすための道具を時間をかけて準備します。「茶の道を究めたい」と切望する者は、茶器の扱い方について、厳粛な心構えを持って頗る丁寧に学ぶことが求められます。そして、茶会においては、茶器や作法ばかりにとらわれるだけでなく、迎える一瞬一瞬において、気高い心・優雅な心を持ち続けることが重要となります。

千利休の時代、即ち、安土桃山時代においては、どんなに高位の武士であっても、茶室に入るときには、外に刀と身分を置き、「厳粛、且つ、平穏な心の持ち方」で”質素の限りを尽くした茶室”に入ることが重んじられました。

茶室においては、茶をいただく者がどんな身分なのかということは一切関係ありません。茶室は、質素極まりない侘・寂の静寂の空間であり、心と心で会話する優雅な空間です。千利休は、この静寂の空間における人と人との交流こそが、真の意味での気高さ・優雅さを齎すものと考えていました。

私は、この気高さ・優雅さは、まさに、国際コミュニケーションにおいて威力を発揮する”心のステージ”であると考えています。私自身、世界中で数多くの国際コミュニケーターと交流を図ってきた経験から感じることは、「英語による国際コミュニケーションにおいても『心の豊かさ』を備えているかどうか」ということは極めて重要な問題であるということです。

今回は、文化比較(cultural comparison)という観点から、「茶道の心得」をどのように英語コミュニケーションに役立てることができるか、自分なりに考えてみてください。静寂の中で思索を試み、自分なりにコミュニケーションの真髄について考えるその経験は、”elegance of elegance”を追究するプロセスにおいて極めて重要な経験となっていくでしょう。