AX

初級英会話(プライベート・レッスン) 早朝・夕方・夜間

「品格のあるエレガントな英語」の習得を目指して

英語音声⇒ Message from the instructor

TOEICテストの実施団体、(財)国際ビジネスコミュニケーション協会から取材を受ける生井利幸

TOEICテスト実施団体、(財)国際ビジネスコミュニケーション協会から取材を受ける講師・生井利幸

日本では、ご承知のように、「暗記学習」を通して英語を学ぶのが普通の学習方法です。しかし実際、暗記で学んだ英語は、後に、そのほとんどすべてを忘れてしまいます。

その理由は、単に暗記で英語を覚えても、そうした学習プロセスにおいては“何らの印象深い学習経験”もないため、英語の一語一語が学習者の心の中に浸透することはないからです。

残念な事実ですが、学習者の心の中に浸透しない英語は、後に、そのほとんどすべてを忘れてしまい、そうした学習経験を何年続けてもいっこうに英語が「自分の言語」となることはありません。

英語をしっかりと自分の心に浸透させ、「英語の一語一語」を「自分の一語一語」とする方法はたった一つしかありません。その方法とは、英語を学ぶプロセス、即ち、実際の英会話レッスンにおいて、講師が喋る英語の一語一語について、「インパクトのある印象」、「忘れがたい強烈な印象」を積み重ねていくという学習方法です。

ベルギーで挙行された世界医事法会議・開催レセプションでの講師・生井利幸

当教室の講師は、長年、米国ペンシルベニア州の大学で教壇に立つ一方、世界の国々で講演・講義等を行ってきた「国内外で最高峰の英日バイリンガル講師」です。

当教室の講師は、一つひとつの英会話レッスン(60分レッスン)において、「たった一人の受講生の前」で「講師自身の心の奥底」から英語の一語一語を発し、すべてのレッスンを「“世界で最も印象深い”英語の空間」としています。講師は、このために、常に、一つひとつのレッスンにおいて“120パーセント”のエネルギーを投入し続けています。

「心」で英語を感じ、「心」で英語を喋るための60分レッスン(受講生・K.H.さんのノートより抜粋)

英語は、暗記ではなく、「印象」(impression)で習得するもの。当教室では、すべての受講生において、「講師が『心』で発した英語」を「受講生自身の『心』」で学んでいます。

「心で英語を感じ、心で英語を喋る」、・・・あなたも是非、当教室で「心で喋る英会話レッスン」を積み重ね、「品格のあるエレガントな英語スピーカー」になることを目指し、一歩一歩確実に前に進んでいってください。講師は、常に、全力で学ぶ受講生を応援しています。

講師からのメッセージ(英語音声)

「心」を込めて丁寧に英語の一語一語を発する、英日バイリンガル講師・生井利幸。レッスンはすべて60分レッスン。講師は、受講生の現在の英語力・個性・持ち味に応じて、ゆっくりと、わかりやすい英語でレッスンを行います。

レッスンはすべて、英語を英語で教える”ダイレクト・メソッド”(Direct Method)で、笑いのある楽しい雰囲気で行われます。

◆英語音声講義
⇒ Lesson 1(英語音声講義)
⇒ Lesson 2(英語音声講義)
⇒ Lesson 3(英語音声講義)
⇒ Lesson 4(英語音声講義)

⇒ elegance 1(英語音声講義)
⇒ elegance 2(英語音声講義)
⇒ elegance 3(英語音声講義)
⇒ elegance 4(英語音声講義)

人の「心」を掴む英語

受講生のご紹介:M.U.さん

⇒受講生の声(受講生・M.U.さん)

講師は、受講生の英語力と人生経験を慎重に考慮し、受講生ご本人に最も適切な方法で「人の心を掴む英語」を教授します。より良い英語スピーカーになるためには、単に、英語の単語や会話表現を覚えるだけでなく、「英語コミュニケーションにおける様々な会話テクニック」を学ぶことが大切です。

◆英語音声で聴く、”Concept of Interval in Time”「『間』の概念」の活用術
⇒Concept of interval in time 1
⇒Concept of interval in time 2(実際のレッスンより)

“Direct Method”

受講生・M.K.さん

⇒受講生の声(受講生・M.K.さん)

レッスンはすべて、英語を英語で教える「ダイレクト・メソッド」(Direct Method) で行われます。レッスンは、長年、米ペンシルベニア州の大学で数多くのアメリカ人学生に対して講義を行ってきた国内外で最高峰の英日バイリンガル講師が懇切丁寧に行います。講師は、すべての60分レッスンをプライベートレッスン(完全個人指導)とし、常に、たった一人の受講生の面前で、一秒一秒を刻むように、「品格のあるエレガントな英語」を教授します。

 

 

発音・アクセント・イントネーションの劇的な改善

受講生のご紹介:R.H.さん

⇒受講生の声(受講生・R.H.さん)

国際社会で通用する英語コミュニケーション能力を養うためには、まず第一に、そのための道具である「発音」「アクセント」「イントネーション」をしっかりとマスターする必要があります。レッスンにおいては、これらすべてを確実にマスターしていただき、国際的に通用する英語スピーカー(international English speaker)に変貌していただきます。

 

 
 

英語を「自分自身の言語」とするための贅沢な個人指導

和光、三越、松屋銀座から徒歩数分、歌舞伎座から徒歩2分という便利なロケーションに位置する英会話道場イングリッシュヒルズ。教室には観葉植物がたくさん置かれており、コンセプトは「森の中の書斎」です。

英語は、それをただ聴いているだけでは、心にも体にも浸透することはありません。学習者本人が、しっかりと英語表現の構造・語法を理解し、自身で発する一つひとつの言葉に感情を挿入して発音することで、学習者の心にも体にも英語が宿っていきます。

あなたは、毎日の生活において”母国語”としての日本語を喋るとき、無意識のうちに「生の感情」を挿入して喋っているに違いありません。人間は皆、一瞬一瞬、ものを感じながら生きている動物です。日本人が日本語をを喋るときには、常に、何らかの感情を抱き、その感情を言葉(日本語)で表現して喋っているのが普通です。

しかし、日本の英語学習者が英語を喋るとき、ほとんどの場合、英語の一語一語に自分の「生の感情」を挿入するということはありません。なぜならば、ある程度英語を習った経験のある日本人であっても、やはり、日本人にとっての英語は、”ただ通じればよいだけの外国語”でしかないからです。

受講生のご紹介:M.M.さん

⇒受講生の声(受講生・M.M.さん)

日本人が海外旅行に行ったとき、旅行者が現地で英語を喋ると、「日本人は、無表情で、一体何を考えているのかわかりにくい」と現地の人々に思われるのは、「日本人のほとんどは、英語コミュニケーションにおける感情移入の経験(トレーニング)を積んでいない」ということが起因しています。英会話道場イングリッシュヒルズのレッスンにおいては、この「感情移入の方法」について、講師がしっかりと指導しています。

毎回のレッスンにおいて、講師自ら具体的な会話のシーンを演じ、受講生の目の前で迫力あるデモンストレーションを行います。そして、そのデモンストレーションにおいて、一つひとつの英語表現について、「どんな場面の時にどのように使ったらよいのか」をわかりやすい英語で具体的に説明し、受講生にも実際に「感情を挿入して喋るトレーニング」を経験していただきます。この、英会話道場式「『感情移入』の実践的トレーニング」があなたの英語コミュニケーション力をどれだけ向上させるかは、受講期間中において、あなた自身、体全体で確かな実感として感じることができます。

⇒受講生の声(受講生・K.H.さん)

日本を含めた世界の非英語圏の国々において、英語を確実に「自分の言語」とした人に共通する要素とは、英語の一語一語、そして、英語の一つひとつの会話表現を「印象」(impression)の積み重ねで自分の心の中に刻んでいったということです。講師は、この共通点をしっかりと踏まえて、すべてのプライベートレッスンにおいて、たった一人の受講生の目の前で、英語を、極めてダイナミックに、そして、”すこぶる印象深く”喋ります。

このような英語教授法の下で、受講生は、一つひとつのダイナミックなレッスンを通して、「印象」に「印象」を積み重ねながら、自然な形で、英語を心と体に浸透させることができます。心の中に強い印象を積み重ねながら学んでいく英語は、一語一語、心に沁みる確かな実感として”unforgettable English experience”(忘れることのない英語の経験)となっていきます。

受講生のご紹介:A.H.さん

⇒受講生の声(受講生・A.H.さん)

当教室では、すべてのレッスンにおいて、受講生の日常生活においては決して体験することのできない「ダイナミックな英語の世界」、そして、「深淵、且つ、優雅な英語の世界」を、「講師による情熱的なスピーキング、及び、パフォーマンス」でたっぷりと満喫することができます。

長年にわたりアメリカの大学で教鞭を執り、その一方、世界各国の学術・文化・芸術・政治・経済のトップリーダーとコミュニケーションを図ってきた講師による迫力あるティーチングは、これまで、すべての受講生に対して「英会話習得における『劇的なる突破口』」(“dramatic breakthrough” in order to master English conversation)を与え続けてきました。

宿題について

受講生・S.H.さん

⇒受講生の声(受講生・S.H.さん)

当教室は、いわゆる”教えっぱなしのレッスン”は行っていません。毎回のレッスンにおいて必ず宿題が出ます。受講生が1週間かけて行った宿題は、次のレッスンの際に、講師が丁寧に確認致します。

受講生は、特に、発音・アクセント・イントネーションについて細かい指導を受け、少しずつ「品格のあるエレガントな英語」を喋れるようになるためのプロセスを歩んでいただきます。

宿題は、レッスン内容が中心となります。言うまでもなく、英会話力を確実にアップさせていくためには、常に、レッスンで習った英語について1週間かけて丁寧に復習することが大切です。

レッスン・スケジュール

レッスンのスタート時間
午前(火、水、木、金、土)
7:00
8:05
9:20
午後(月、水、木)
18:00
19:05
20:10

学習教材(随時更新)

⇒ 世界中のグレートコミュニケーターは「間の概念」を熟知している
⇒ 英語で体験する”the subtle and profound”(幽玄)Ⅰ
⇒ 英語で体験する”the subtle and profound”(幽玄)Ⅱ
⇒ 「人との出会いの価値」「言葉との出会いの価値」
⇒ international communicationとは、即ち、”human communication”である
⇒ 気品・優雅さは、「頑張り」からくるもの
⇒ 必ず、英語が喋れるようになるための”3つの必須のステップ”
⇒ 「美味しい英語を美味しく味わう」という学習経験

学費

プライベート・レッスン(完全個人指導)
60分レッスンを週に1回(月に4回)

入学金 無料
月謝  24,000円

教室の諸規則

教室の諸規則<3>

 

英会話道場イングリッシュヒルズのコース一覧(完全個人指導)

銀座で学ぶ、女性のための基礎英会話

「音」から入る、はじめての英会話

初級英会話

エレガント・レディース・イングリッシュ

Lesson Extraordinary

上級国際コミュニケーター養成

ニューヨーク式・基礎英会話・6ヶ月特訓コース

就活生向け・基礎英会話・3ヶ月特訓コース(英語面接・TOEIC対策)

エレガンス・オブ・エレガンス

企業経営者のための国際ビジネス・コミュニケーション・スキル養成