AX

レッスン日記(重要教材)一覧

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」 K.494, 序曲、第一幕、第二幕・・・受講生対象:「特別追加レッスン」の告知

2018-08-30

■受講生対象:「特別追加レッスン」の告知

1 主題
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
歌劇「フィガロの結婚」 K.494, 序曲、第一幕、第二幕

完全個人指導
受講枠:1名

2 「特別追加レッスン」の日時
2018年9月2日(日)、9:00

3 場所
森のギャラリー

4 受講資格
1) 生井利幸の厳格指導の下、学習プロジェクト・「ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67を100回聴く」を終了後、現在、次の学習プロジェクト・「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト歌劇『フィガロの結婚』K.494を30回聴く」に取り組んでいる受講生。

2) 日々、心だけでなく、「腹」(stomach)で、「時間の価値」「機会の価値」について、”自分なりに”哲学している受講生。

3) 基礎学力、英語力、見識、人生経験等、一切問わない。

4) 本気で勉強したい受講生のみ。

5 申し込み方法
電話のみ。
2018年8月30日(木)まで。

アリストテレスの「配分的正義」を源泉とする、生井利幸の啓蒙活動の精神

2018-08-30

学習者が、自分におけるより良い学習を実現させるには、まず第一に、「自分が実際に学んでいる教授者が備える”教育に対する考え方”」(教育理念)を知る必要があるでしょう。

銀座書斎で学ぶ皆さん、このたびは、以下の記述を精読してください。

◆生井利幸公式サイト、銀座書斎エッセー
⇒ アリストテレスの「配分的正義」を源泉とする、生井利幸の啓蒙活動の精神

受講生対象:「特別追加レッスン」の告知・・・”Wisdom is beautiful.”

2018-08-29

■受講生対象:「特別追加レッスン」の告知

1 主題
“Wisdom is beautiful.”

講義は、英語で「特殊講義」形式。
事前に講師から許可を取れば、ボイスレコーダーで特殊講義の録音可能。
完全個人指導。
受講枠: 1名のみ。

2 「特別追加レッスン」の日時
2018年8月31日(金)、19:05

3 場所
銀座書斎、中央スペース

4 補足
受講期間、基礎学力、見識、英語力等、一切問わず。
受講料:無料
本気で勉強したい受講生の申し込みを歓迎。

5 申し込み方法
電話のみ。
2018年8月29日(水)まで。

[再掲載] 「理性的存在者」(a rational existent)を目指す受講生への助言

2018-08-28

公平無私な学問の精神を基盤として「真の学びの道」を歩む者にとって、以下に掲げる事項は、日本でも海外でも常に「真理」(the truth)です。

1 理性的存在者になることを目指す人における「英知についての捉え方」
英知は、常に、「美しいもの」。
一見、難しいと感じる英知でも、実際は、その中にたくさんの美が内在している。
英知は、日常生活において大変役に立つ代物。
少しずつ「真の英知」を自分の体(個)に入れていくと、より美しい人間になれる。

2 理性的存在者になることを目指さない人における「英知についての捉え方」
英知は、「難しいもの」。
英知は、日常生活には役に立たない代物。

3 理性的存在者を目指す人における勉強方法
安易な近道を探すことなく、一つひとつ、真心を込めて丁寧に勉強する。
道に迷ったとき、勝手な妄想を抱かず、「出発点・原点に戻る重要性」を知っている。
(非理性的存在者は、道に迷ったときも、ローカルな知識欲で、先に進む。)
「『自分は何も知らない』ということを知ることが、真の知の道を歩むための第一歩である」という学問の根本精神を忘れない。
「学問は、簡単には身に付かない」という全人類共通の常識を忘れない。
「勉強は、理性性を構築し、その後、理性の質の改善・向上・発展のために行うものである」という考え方がわかる人。
(1)「理性の問題」と(2)「感情の問題」を”別物”として分けることができる。
(1)「感性」と(2)「感覚」の相違について、”準”(”前”)・理性的に認識・理解している。

4 一生涯、どのように勉強しても理性的存在者になれない人
自分が「何者」であるか知らない人。
自分の本当の能力を知らない人。
一事が万事において、一年中、勉強の近道を探し続けている人。
勉強はしても、「勉強の仕方・方法」を知らない人。
感情の起伏・変化で、「勉強する・しない」を決める人。
感情、及び、感覚で勉強する人。
(1)「感覚」と(2)「感性」の違いがわからない人。
(1)「理性の問題」と(2)「感情の問題」を”別物”として分けることができない人。

<メッセージ>
わたくし生井利幸は、毎日、「勉強に勉強を重ねて、将来、理性的存在者になることを目指す人」のために全力を尽くして応援・援助し、常に、「最も適切な指導・助言」を提供しています。

”The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple”の学習の成果・・・英語道弟子課程弟子・H.K.さん

2018-08-28

本日、先ほど、英語道弟子課程・弟子専用ページ、「基盤学習ページ」にて、英語道弟子課程弟子・H.K.さんが作成した以下の「学習リポート」を掲載しました。

このたびの学習リポートは、PDFで「計28ページ」となります。

<1>
”The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple”の学習の成果(弟子・H.K.さん)Ⅰ

<2>
”The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple”の学習の成果(弟子・H.K.さん)Ⅱ

<3>
”The meaning of blood you receive from Toshiyuki Namai as his disciple”の学習の成果(弟子・H.K.さん)Ⅲ

生井利幸の弟子としての基礎の再構築を行っている英語道弟子課程弟子・K.H.さん

2018-08-27

英語道弟子課程弟子・K.H.さんは、現在、生井利幸の弟子としての基礎の再構築を行っています。

今月は、特に、弟子としての15の基礎条件について、繊細・詳細に、(1)「洗い直し」、及び、(2)「再構築のための必要な学習」を行っています。

弟子としての15の基礎条件は、師である生井利幸から弟子へのtransubstantiationを体験具現する上で必要不可欠な条件です。この15の基礎条件は、所謂、弟子自身、「世界レヴェルの教養人」を目指す上で大前提となる条件となります。

追記:
このたび、K.H.さんから、素敵な真心をいただきました。

英会話道場イングリッシュヒルズ・ウェブサイトの大改築工事(第一期工事)のお知らせ

2018-08-27

2018年8月27日(月)現在、英会話道場イングリッシュヒルズ・ウェブサイトの大改築工事を行っています。教室のウェブサイトの大改築工事は、教室で学ぶすべての学習者に対して、さらに学習環境を改善して、「より質の高い勉強」を実現することを目的とするものです。

英会話道場イングリッシュヒルズ・ウェブサイトの大改築工事は、何回かに分けて、巨大工事が行われます。現在は、その第一期工事として、「英語道弟子課程・弟子専用ページ」の工事を行っています。

教室で学ぶすべての皆さんが知っていることですが、英語道弟子課程・弟子専用ページは、英会話道場イングリッシュヒルズ・ウェブサイト内にあります。当教室は、この基本構造を根本から見直し、現在、英語道弟子課程のための別のウェブサイトを構築する作業を行っています。

英語道弟子課程・専用ページには、すでに、相当数のページ上に、”通常の常識では想像・理解が及ばないほどの”膨大な教材(英語音声講義、文書教材等)が掲載されています。このたび行っている巨大工事は、これらすべての掲載内容について、「英語道弟子課程・弟子専用ウェブサイト」に刷新移動させ、わたくしに命を預けて限界ギリギリまで猛勉強を続けている弟子たちのための専用ウェブサイトを構築するという巨大工事です。

無論、この巨大工事は、相当期間を要します。目下、わたくし自身、できるだけ早く完成できるように全力を尽くしています。

新ウェブサイトの完成・公開の目処(めど)が立ちましたら、このレッスン日記上にてお知らせします。「英語道弟子課程・弟子専用ウェブサイト」は、英会話道場イングリッシュヒルズ・ウェブサイトからリンクしますので、弟子たちは、今までと同様の手続きで新ウェブサイトに行くことができます。

補則:
英語道弟子課程・弟子専用ウェブサイトは、引き続き、以下の根幹構造を堅持して工事が行われています。

st_20171211_500

通常コース(受講生向け)と英語道弟子課程(弟子向け)に於ける教授内容を体積で表すと、上記の如き巨大なボリュームの差となります。通常コースに於ける教授内容を体積で表すと一本の線で表現できます。一方、英語道弟子課程に於ける教授内容を体積で表すと、まさに、「地球規模の巨大な英知・美意識の大空間」として表現できます。

本物は、平日も週末も、同じように勉強する

2018-08-24

以下の二類型は、日本でも海外でも、常に「真実」です。

1 平凡人の典型
普通の人々が休むとき、遊んでいるとき、同じように休み、遊ぶ人。

2 本物を目指す人の典型
普通の人々が休み、遊んでいるか否かに関係なく、毎日、勉強する人。

生井利幸は、一事が万事において、「本物を目指す人」のために全力を尽くして応援・援助し、「最も適切な指導・助言」を提供します。

The rudiments of philosophy: “Nobody eviscerates you.”・・・特殊講義(全受講生・弟子対象)

2018-08-24

■特殊講義(全受講生・弟子対象)の告知

1 主題
The rudiments of philosophy
Theme: “Nobody eviscerates you.”

講義は、英語で「特殊講義」形式。
事前に講師から許可を取れば、ボイスレコーダーで特殊講義の録音可能。
完全個人指導。
受講枠: 1名のみ。

2 特殊講義の日時
2018年8月27日(月)、20:10

3 場所
銀座書斎、中央スペース

4 申し込み方法
電話のみ。
2018年8月24日(金)まで。

生井利幸の弟子としての基礎の再構築・・・英語道弟子課程弟子・K.H.さん

2018-08-23

英語道弟子課程弟子・K.H.さんは、2018年の夏は、毎日、「生井利幸の弟子としての基礎の再構築」を行っています。

今月は、既に、K.H.さんは、基盤稽古である英語稽古に加え、「特別稽古」を受講。今週末は「追加稽古」。来週は、再度、「特別稽古」を受講します。加えて、わたくし自身、K.H.さんに対して、必要に応じて、電話での指導も行っています。

K.H.さん自身、毎日、一生懸命に勉強しています。一方、師であるわたくし自身も、追加の時間の捻出のために、すべてのエネルギーを投入しています。

基礎は、「易しい」という意味ではありません。基礎は、「重要な礎(いしずえ)」であると同時に、「本質」です。

昨日、K.H.さんから、素敵な真心をいただきました。

昨日、K.H.さんから、素敵な真心をいただきました。