AX

レッスン日記(重要教材)一覧

新受講生・S.I.さんと満喫した食事会

2018-11-24

このたび、新受講生・S.I.さんにおける継続的勉強努力を称え、銀座書斎にて食事会を開催しました。

DSCN1282

食事会では、フランス産のシャンペインを味わいながら、美味しい料理を少しずつ楽しみました。お話は、主に、S.I.さんの好きなミージシャン、スポーツ選手のお話などに花が咲きました。デザートの後は、S.I.さんが後片付けを手伝ってくれ、食器・コップも洗ってくれました。

食事会の開催の際、S.I.さんから、洋・和双方のスイーツの差し入れをいただきました。

S.I.さんからいただいた差し入れの一部。

S.I.さんからいただいた差し入れの一部。

受講生・S.M.さんからのクリスマス・プレゼント

2018-11-24

「銀座書斎・2018年クリスマス」は、2018年11月中旬からスタートしています。1週間前に、講師は、週末を活用して、埃だらけになりながら、クリスマスの飾り付けを行いました。

今週の1週間は、銀座書斎で学ぶすべての学習者が、クリスマスツリーをはじめ、クリスマスの飾り付けの観賞を楽しみました。

DSCN1286

受講生・S.M.さんは、このたび、銀座書斎へと、夢いっぱいのクリスマス・カレンダーを持ってきてくれました。クリスマス・カレンダーは、2種類あります。12月になりましたら、学習者が銀座書斎に来た際、その日付のウインドーを開けると、キャンディー、または、チョコレートが出てきます。

皆さん、是非、レッスン(英語稽古)のスタート時にウインドーを開けて、キャンディー、または、チョコレートを取ってください。

DSCN1284

皆さん、「銀座書斎・2018年クリスマス」も、たくさんの夢いっぱいの気持ちで、銀座書斎で楽しく過ごしてください。クリスマス・シーズンは、レッスン(英語稽古)以外のときも、ショッピング等で、銀座を訪問することもあるでしょう。その際、是非、銀座書斎にも立ち寄ってください。

「真のエレガンス」について考える

2018-11-23

通常、人は、他人の前でエレガントであろうと試みます。しかし、他人の前でばかりエレガントな振る舞いをし、他人がいない場所では行儀が悪いという人は、実際には、エレガントな存在者ではないでしょう。

真の意味でのエレガンスを備えている人とは、「他人がいない場所、いわゆる自分1人でいるときにエレガンスを実行できる人」です。

豊富な人生経験のある、洗練された大人の紳士・淑女は、「”お洒落な”孤独」(refined solitude)を愛します。

受講生の皆さん、自分だけの時間、自分1人で過ごす時間において、「品格・品位」を磨いてみましょう。1人で過ごす時間に「品格・品位」を磨き続けると、人前でも、自然な形でエレガントな存在者として行動することができるようになります。

受講生・S.M.さんから、素敵な御礼状が届きました。

2018-11-21

このたび、銀座書斎に、受講生・S.M.さんから、素敵な御礼状が届きました。

「S.M.さんにおける清らかな心」が感じられる素敵な御礼状は、以下をクリックすると閲覧することができます。

◆リンク先
⇒ 受講生・S.M.さんから、素敵な御礼状が届きました。

2018年11月18日(日)、受講生・S.M.さんが、英語道弟子課程・弟子選考試験の受験希望を表明。

2018-11-19

受講生・S.M.さんが、継続的勉強努力の末、a lifelong missionとして、生井利幸の正式神聖指導の下で「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現の道を歩むことを決意。S.M.さんは、これから1年(12ヶ月)かけて、弟子選考試験合格を目指し、受験準備学習に取り組んでいきます。

英語道弟子課程には、「定められた定員」があります。近い将来、弟子の定員が満たされることが予想されます。弟子の定員が満たされた場合、生井利幸は、その後、弟子選考試験を行わず、それ以上、弟子をとることはありません。英語道弟子課程の定員は、受講生の皆さんが想像する以上に、「極めて少数の定員」です。

わたくしは、S.M.さんが一生懸命に受験準備学習を行い、一年後に、弟子選考試験に合格することを切望しています。

詳細は、以下の記述を閲覧してください。

◆英語道弟子課程・弟子専用ウェブサイト
「世界レヴェルへの道」
⇒ 2018年11月18日(日)、受講生・S.M.さんが師に対して、英語道弟子課程・弟子選考試験の受験希望を表明。

「銀座書斎・2018年クリスマス」の準備について

2018-11-19

銀座書斎では、昨日から、クリスマス・シーズンのデコレーションを始めています。

昨日は、クリスマスツリー、その他、ベイシックとなるデコレーションの飾り付けを行いました。銀座書斎は、今後は、クリスマスに向け、少しずつ細かい飾り付けをしていきます。

クリスマス用デコレーションは、銀座内のお店で探そうと計画中です。受講生の中で、2018年クリスマスの準備として、一緒にデコレーション用アイテムの買い物に行きたい人は、是非、講師に申し出てください。

◆ショッピングの詳細
買い物は、銀座内のお店。
買い物の日時は、平日の夕方・夜、あるいは、週末の昼間。
日時は、相談して調整。
買い物を希望する受講生は、講師に電話してください。

2018年11月18日(日)、受講生・Y.I.さんが結婚しました。

2018-11-19

昨日の2018年11月18日(日)、受講生・Y.I.さんが結婚しました。英会話道場イングリッシュヒルズ一同、このたびの結婚につきまして、心よりお慶びを申し上げます。

生井利幸の厳格指導の下、毎日、一生懸命に勉強している受講生・Y.I.さん。

Y.I.さんの結婚に関しては、何年も前から、ご本人から詳しいお話を聞いていました。銀座書斎にて、時には、「どのようにして最愛の人と幸せな家庭を築くことができるか」、Y.I.さんと共に考えたこともありました。

結婚は、「人生における大切な節目」です。大切な節目は、やはり、事後報告ではなく、かなり早い時期からそのお話を聞き、結婚までの経緯について少しずつ話を聞いていくと、わたくし自身、喜びは倍増します。人を指導する立場の者として率直に言うと、学習者からのこのようなお話は、大変嬉しいものです。

Y.I.さんは、「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指し、英語道弟子課程・弟子選考試験の受験準備学習者として、猛勉強を続けています。わたくしは、Y.I.さんの猛勉強が素晴らしい成果を出し、Y.I.さんの目標・夢が現実のものとなることを切望しています。

改めまして、Y.I.さん、このたびはご結婚おめでとうございます。

“Cleanliness is next to godliness.”(清潔は敬神に次ぐ美徳。)・・・2018年11月期、英語道弟子課程弟子・H.K.さん執筆、「第2回・銀座書斎入居ビル・清掃活動リポート」

2018-11-18

去る2018年11月10日(土)、英語道弟子課程弟子・H.K.さんが、「銀座書斎で学ぶすべての学習者の皆さん」がより清らかな心で学習できることを願い、銀座書斎入居ビル(第2回)の清掃活動を行いました。

「自分の家に対する思い入れ」と同じように銀座書斎をピカピカに磨き上げ、たくさんの汗を流しながら一生懸命に清掃を行う、英語道弟子課程弟子・H.K.さん。

「自分の家に対する思い入れ」と同じように銀座書斎をピカピカに磨き上げ、たくさんの汗を流しながら一生懸命に清掃を行う、英語道弟子課程弟子・H.K.さん。

このたび、H.K.さんは、同清掃活動について、以下の如きリポートを講師に提出しました。

本稿において、H.K.さん執筆のリポートをご紹介します。

◆提出リポート
⇒ 2018年11月期、弟子・H.K.さん執筆、「第2回・銀座書斎入居ビル・清掃活動リポート」

受講生・S.M.さんから、「美しい御礼状」が届きました。

2018-11-16

受講生・S.M.さんは、毎日、勉強努力を重ね、将来は、「真の理性的存在者」として自分を仕上げていくべく、自分の限界に挑戦する日々を送っています。

先週は、S.M.さんにおける継続的勉強努力を称え、講師は、S.M.さんに対して、「特別追加レッスン」をプレゼントしました。その後、S.M.さんから、御礼状が届きました。

本稿において、S.M.さんから届いた御礼状をご紹介します。

20181116_sm1

20181116_sm2

毎日、「美しく生きる」を実践しているS.M.さん。S.M.さんが、これからもさらに美しい日々を過ごしていけるよう、わたくし自身、S.M.さんに対して、全力で「最高の指導・助言」を提供していきます。

「心を込めて、そして、丁寧に」・・・エレガンスの構成要素を知るためのプロセス

2018-11-12

レッスンの理想型とは、「講師と受講生の心が一つになる」ということです。現在、すべての受講生が、講師にしっかりと自分の心を預けて、レッスンにて、一つひとつ丁寧に学んでいます。

わたくし生井利幸は、レッスン中、あるいは、文書教材や他の記述等で、しばしば、「心を込めて、そして、丁寧に」という言葉を用いています。

「心を込めて、そして、丁寧に」、・・・言葉そのものはシンプルですので、日本人であれば、この言葉の意味について誰でも理解できます。しかし、その一方で、この言葉に関して、(1)「日本語として理解できる」という有様と、(2)「一人の人間として、それを実行できる」という有様は、それぞれ異なる有様であるという事実を知るべきでしょう。

受講生の皆さん、「エレガント英語」を「自分の言語」とするという目標を忘れることなく、講師にしっかりと心を預けて、講師と心を一つにして、すべての学習活動について、「心を込めて、そして、丁寧に」学んでいきましょう。

心を込めることに加え、一つひとつ丁寧に学んでいく毎日を積み重ねていくと、次第に、「『エレガンス』という概念を構成する様々な構成要素」がわかるようになります。