AX

レッスン日記(重要教材)一覧

from understanding to assimilation

2012-12-19

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、英語音声講義、from understanding to assimilationを掲載しました。

このたびの英語音声講義は、講じている内容が相当深い内容です。講義内容について「理解の到達」に至るには、まず第一に、静寂の中において自分の心を落ち着かせ、曇りのない心で、「自分自身における『学問に対する畏敬の念』」について再確認することが必要不可欠となります。講義内容の学術レヴェル(論理レヴェル)は、英米の大学の学部4年生程度のものです。

講義内容を理解するためのヒントは、(1)「ローカルな意味での”understanding”」と(2)「深遠なる学問を面前とする”understanding”」は、それぞれ異なる概念であるということです。

何度も聴き込んでいくうちに、次第に、(1)「『平面』(flat)としての英語の世界」が(2)「『球体』(sphere)としての英語の世界」へと変貌していきます。「『球体』としての英語の世界」を感じ取った人は、「『知識』(knowledge)としての英語」ではなく、「『教養』(culture)としての英語」について知ることができます。

講義内容については、「真の意味での国際的教養を養うには、ローカルな意味での”understanding”の後、一体どのような見識・問題意識を持つことが大切なのか」、是非、そうした観点から、何度も何度も英語講義を聴いてみてください。

何度も繰り返し英語講義を聴き込むことにより、「学びの道の奥深さ」について触れることができ、ひいては、少しずつ「国際的教養の養い方」についても見えてきます。

最後に、講師から、一つ、次の言葉をプレゼントします。

「人間は、学問の面前において、常に謙虚でなければならない。」

◆追記
<一般の英語学習者の皆さんへの助言>
TOEFL、及び、TOEIC等ので高得点を獲得する目的で、TOEFL、TOEIC受験対策用の問題集をどのように学習しても、「奥の深い英語の世界」を知ることは不可能です。奥の深い英語の世界、即ち、国際舞台で活用できる真の実用英語力を養うには、「平面」として英語の知識のみを頭に入れるのではなく、「『球体』(sphere)としての英語力」を樹立することが必要です。

残念ですが、平面的な英語の知識は、出るところに出れば、何ら役に立つことはありません。では、「球体としての英語力」(立体的英語力)を養うには一体どうしたらよいのか、・・・是非、この機会に、自分なりの方法で思索を試みてください。

音は、音であって音ではない

2012-12-17

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、音は、音であって音ではないを掲載しました。

この教材は、講師が2011年11月27日に脱稿し、脱稿直後において、当・英会話道場イングリッシュヒルズ受講生用教材として使用したものです。昨年において、「この教材について、日本語でしっかりと精読しノートを作成。ノートを作成後、実際のレッスンにおいて、英語で講師の特別講義を受講した受講生の皆さん」においては、この教材がいかに重要な教材であるか、しっかりと認識・理解していると思われます。

昨年において、既にこの教材について学習した受講生は、再度、学習における重要事項を再確認(再復習)する意味で、自分なりの方法でこの教材の復習を行ってください。

一方、まだ、この教材について学習していない受講生においては、この教材をプリントアウトして、「最新の学習教材の学習方法」(レッスン日記に掲載済み)の手順にしたがって、しっかりと学習することをお勧めします。

レッスンにおいて、この教材の内容について、受講生のノート提出なしに、講師側から話を進めることはありません。この教材の内容は、受講生自身が、事前準備として、自分のノートにしっかりと整理して学習することなしに「腹落ち」することはありません。

料理が得意な人は、英語を学ぶコツを知っている

2012-12-14

「道場で究める英語道」にて、新教材、料理が得意な人は、英語を学ぶコツを知っているを掲載しました。

気品・優雅さは、「頑張り」からくるもの

2012-12-12

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、気品・優雅さは、「頑張り」からくるものを掲載しました。

Extra Homework 14を終えて

2012-12-08

当教室・ウェブサイト「レッスン日記」にて、新記述、「Extra Homework 14を終えて」を掲載しました。

今週は、私自身、Extra Homework 14のためにかなり時間を割き、相当なるエネルギーを使いました。本日、レッスン終了後、「レッスン日記」にて、Extra Homework 14に関係する記述を書きましたので、是非、お読みください。

「厳しさ」の意味

2012-12-05

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、「厳しさ」の意味を掲載しました。

「傍観者」(onlooker)にならない人が、レッスンを最大限に満喫できる

2012-12-04

教室ウェヴサイトの「レッスン日記」にて、新記述、「傍観者」(onlooker)にならない人が、レッスンを最大限に満喫できるを掲載しました。

ベートーヴェン交響曲第9番の演奏会のお知らせ

2012-12-04

2012年12月22日(土)、オリンパスホール八王子にて、ベートーヴェン交響曲第9番(管弦楽:アレクテ室内管弦楽団、合唱・主催:中央大学音楽研究会混声合唱団)の演奏会が行われます。

詳細は、当教室ウェブサイト「レッスン日記」をご覧ください。

risk management

2012-12-01

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材(英語音声講義)、risk managementを掲載しました。

このたびの英語音声講義は、「英語力云々(うんぬん)の問題」というよりも、過去において、「学問の『基礎』(basis of all of sciences, i.e., “philosophia”)」の研究を行い、且つ、ドロドロとした実業界において「相当なる負の経験」(multitudinous negative experiences)を積んできたプロフェッショナルでなければ「必要十分な理解の到達」には及びません。

そもそも、「人間の『生』(life)」とはいかなるものなのか。英語講義における最終的結論は「危機管理学」(risk management)としての結論ですが、このラインの話は、英米の経営大学院で講義を履修してMBAを取得した程度の見識では、実感として十分な理解に到達することはできないでしょう。

経営大学院修了者は、今、改めて、「危機管理の源泉」には一体何が存在するのか、固定観念の”典型”から離れて、「人間存在の『本質』と『宿命』」という観点から、心を静めて「再考」(reconsideration)してみてください。

本来において、”risk”(危機)の根本概念とは一体いかなる概念なのか。この講義は、単なる危機管理学の問題ではなく、深い意味で述べるならば、まさに、「形而上学」(metaphysics)の扉を開ける前の段階の立ち位置といえるものです。

この講義について質問がある受講生は、躊躇することなく、講師に直接訪ねてください(電話も可能)。

仏教・禅宗の無常観(a sense of transitoriness)から捉える「『一秒の生』の価値」

2012-11-29

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、仏教・禅宗の無常観(a sense of transitoriness)から捉える「『一秒の生』の価値」を掲載しました。

銀座書斎で迎えるクリスマス・シーズン

2012-11-28

「レッスン日記」にて、新記述、「銀座書斎で迎えるクリスマス・シーズン」を掲載しました。

日本で誤解の多い”science”の意味

2012-11-27

当教室ウェブサイト、「銀座書斎」ページにおいて、新教材、「日本で誤解の多い”science”の意味」を掲載しました。

“Extra Homework 14″の教材本文の訂正のお知らせ

2012-11-24

昨日、”Extra Homework 14″を発表しましたが、本日、教材の修正を行いました。詳しくは、レッスン日記をご覧ください。

closing statement、・・・「理性で構築された空気感」(the air saturated with reason)の下で展開された英語の世界

2012-11-23

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、英語音声講義、closing statement 1を掲載しました。

この英語音声講義の内容は、”Extra Homework 14″の学習内容と関係のある講義です。この英語音声講義の内容は、「理性で構築された空気感」(the air saturated with reason)が漂う銀座書斎(Ginza Sanctuary)にて展開された「歓喜に満ち溢れた英語の世界」です。

Extra Homework 14

2012-11-23

本日、レッスン日記にて、”Extra Homework 14″を発表しました。

「超・経験」としての”culmination”

2012-11-19

[特別講義] 「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、「超・経験」としての”culmination”を掲載しました。

この教材は、「自分の限界」と闘いながら、本気で、「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガル」として劇的に変貌を遂げたい受講生の皆さんに必須の学習内容が満載されています。

「culminationの境地」を認識・理解すると、これまでの人生においては想像しなかったであろう「崇高な心のステージ」に出会うことができます。このたびの教材は、当・英会話道場イングリッシュヒルズにおいて、「なりたい自分」、即ち、「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガル」として変貌を遂げる上で必須の学習内容となります。

追伸: 本日、タイトルを変更しました。

“Rational Intonation 2″・・・アメリカ合衆国大統領のスピーチ術を具体例として

2012-11-15

[特別講義] 「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声講義、
“Rational Intonation 2”を掲載しました。

今回の英語音声講義は、”Rational Intonation 2″(理性的イントネーション)です。世界の教養人を目の前にして話をするとき、あるいは、大きな式典やパーティー会場で大勢の人々の面前でスピーチをするとき、rational intonationが必要となります。「rational intonationとは、一体どのようなintonationを指すのか」、このことは、2011年のレッスンにおいて、既に、すべての受講生の皆さんに対して完全個人指導として英語で特別講義を行っています。

講師は、レッスンにおいてrational intonationについての特別講義を行う前に、15ページに及ぶオリジナル教材(日本語)を作成・脱稿しました。2011年にこの特別講義を受講した受講生は、今一度、本日掲載した”Rational Intonation 2″を、聴いて聴いて、聴き込んでみてください。今回は、世界で最も過酷な選挙である「アメリカ合衆国大統領選挙戦」を勝ち抜いた人物が備える話術(スピーチ術)を具体例として講義していますので、さらにrational intonationについての理解が深まると思います。

「rational intonationの概念について”腹落ち”させたい」という受講生にとって最も良い学習方法は、再度、初心に戻り、2011年に学習した教材(計15ページ)について、”時間をかけて丁寧に”精読することです。

この教材は、単に、(1)「英語に興味がある」、(2)「私利私欲の実現のために英語を学びたい」という人には、お話にならないほど「理解の到達」に及ばない内容です。

逆に述べるならば、この教材を理解する上で「現在の英語力」は一切関係ありません。教材を理解するには、「それ相応の人生経験」が必要となります。受講生の皆さんにおいては、今再び、静寂の中で自分を見つめ直し、「人間の生き方」そのものを再考しながらこの教材を精読してみてください。

このことについて質問・相談がある受講生は、躊躇することなく講師に直接尋ねてください(電話も可)。あるいは、既にレッスン受講を終了し、終了後も、このウェブサイトに掲載されている教材で勉強を続けている元受講生の皆さんの場合も、質問・相談等がある際には講師に直接訪ねてください。

“Go in through the narrow gate.”

2012-11-14

[特別講義] 「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声講義、”Go in through the narrow gate.”を掲載しました。

ベートーヴェン: 交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」のコンサート・チケットご提供のお知らせ

2012-11-12

このたび、受講生・A.U.さんのご厚意により、2012年12月21日(金)にサントリーホール・大ホールで行われるベートーヴェンの交響曲第9番のコンサート・チケットを無料でお分けできることになりました。

詳細は、「レッスン日記」をご覧ください。

毎日10回行う音読の宿題に内在する「意味」と「本質」

2012-11-10

「受講生の発音習得法」ページにて、受講生・T.A.さん作成のノート、毎日10回行う音読の宿題に内在する「意味」と「本質」を掲載しました。

「キャンセル」という言葉は、使い方を間違えると自分の品格を大きく落とす

2012-11-09

このたび、生井利幸の連載コラム「勝利のための発想法」にて、新教材、「キャンセル」という言葉は、使い方を間違えると自分の品格を大きく落とすを掲載しました。

「一秒」と「一語」の存在の意味について考える・・・世界レヴェルの英語スピーカーを目指して

2012-11-04

「特別講義: 国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、特別講義Vol. 3 「一秒」と「一語」の存在の意味について考える・・・世界レヴェルの英語スピーカーを目指してを掲載しました。

[受講生必読]「最新の学習教材」の勉強方法について (20:25、一部修正)

2012-10-30

レッスン日記にて、[受講生必読]「最新の学習教材」の勉強方法についてを掲載しました。

受講生の皆さん、今回の記述には、「すべての受講生の皆さんにおいて極めて重要な指導・助言内容」が述べられています。必ず、記述内容をプリント・アウトし、実際の紙の上で<線を引く・メモを取る>等を行い、内容を十分に理解するように努めてください。

移動中、あるいは、僅かな時間の休憩時に、スマートホン等による携帯端末で「1分程度」で流し読みしても、講師が伝えたい内容について理解することは不可能です(講師は、この指導内容を掲載するために「相当の時間」を使っています)。

まず第一に、記述内容について実際の紙にプリント・アウトし、自宅にて、静寂の雰囲気の中で、たっぷりと時間をかけてゆっくりと精読してください。「深い思索」を試みながら記述内容を整理・理解すると、「受講生の皆さんにおける今後の学習方法・方向性」がより鮮明に見えてきます(質問がある受講生は、躊躇することなく、電話、あるいは、レッスン・スタート時に、講師に直接尋ねてください)。

世界レヴェルの崇高な英語の世界、”Rational Intonation”

2012-10-29

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声講義、“Rational Intonation”を掲載しました。

講師の生井利幸は、この特別講義において、当教室受講生の皆さんが「世界レヴェルの崇高な英語の世界」に到達する上で必要不可欠な学習方法・考え方について詳細に講じています。

限界への挑戦を源泉とする「美意識」(sense of beauty)

2012-10-25

レッスン日記にて、新記述、限界への挑戦を源泉とする「美意識」(sense of beauty)を掲載しました。

The relation between the two, delicacy and pronunciation

2012-10-24

[特別講義] 「国際的教養品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声による特別講義、The relation between the two, delicacy and pronunciationを掲載しました。

特別講義では、今後も、順次、新教材を掲載していきます。受講生の皆さん、さらに心を燃やし、講師の指導にしっかりとついてきてください。真剣に学習に学習を重ねていけば、必ず「良い成果」を出すことができます。その反面、やらなければ、何らの成果をも出すことはできません。

講師は、常に、「本気」で勉強する人を応援しています。「なりたい自分」になるには、躊躇することなく、毎日、全力で勉強する方法しかありません。質問や相談がある場合には、講師に直接訪ねてください。

international communicationとは、即ち、”human communication”である

2012-10-23

このたび、特別講義「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」のページにて、新教材、「international communicationとは、即ち、”human communication”である」を掲載しました。

“Moderninization of Japan since arrival of Commodore Perry in 1853”

2012-10-21

[特別講義] 「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、英語音声による特別講義、“Moderninization of Japan since arrival of Commodore Perry in 1853”を掲載しました。

Components of Voice

2012-10-17

本日、「道場で究める英語道」にて、英語音声による特別講義、“Components of Voice”を掲載しました。受講生の皆さんは、心を込めて丁寧に、特別講義を聴いて聴いて聴き込んでください。

講師は、この特別講義を「自身の『魂』」から発しています。「英語」という”言語そのもの興味”からではなく、「人類史という大きな枠組みの中で『人間存在』について哲学する」という立ち位置から特別講義を聴くと、英語を学ぶ上での極めて重要なヒントが見えてきます。

英語の勉強という立ち位置から、特別講義を何回聴いても、講師が伝えたい本質はいっこうに見えてきません。その反面、「人間存在について哲学する」、「『”人間”の声の中』(in the voice of a “civilized individual”)には、一体どのような構成要素(components)が内在しているのか」という見識で特別講義を聴くと、次第に、講師が伝えたい本質について理解できるようになります。

特別講義において講師が伝えたい本質が見えてくると、受講生の皆さん自身、ローカルではない、「ボーダレス国際社会を生き抜く上で必須の『崇高な心のステージ』」への道のりを歩むことができます。そして、それと同時に、受講生の皆さん自身、さらに、英語に磨きがかかり、「洗練された教養ある英語」(refined and sophisticated English)を話すための道のりを歩むことができます。

Profondity of Simplicity・・・簡素の中にこそ、「心の贅沢」が存在する

2012-10-17

本日、レッスン日記にて、新記述、「Profondity of Simplicity・・・簡素の中にこそ、『心の贅沢』が存在する」を掲載しました。

「植物」と「心の贅沢」

2012-10-13

このたび、レッスン日記にて、「『植物』と『心の贅沢』」を掲載しました。

Extra Homework 13の発表

2012-10-11

本日、「レッスン日記」にて、“Extra Homework 13”を発表しました。

生井利幸のコラム「勝利のための発想法」・最新コラム掲載のお知らせ

2012-10-10

生井利幸のコラム「勝利のための発想法」・最新コラムが掲載されました。以下のタイトルをクリックすると、最新コラムをお読みいただけます。

⇒『「コミュニケーションの基本・根本」について再考する~連載コラム・100回目を迎えて』

当教室ウェブサイト・全面リニューアルのお知らせ

2012-09-30

本日、2012年9月30日(日)、英会話道場イングリッシュヒルズ・ウェブサイトを全面リニューアルしました。