AX

レッスン日記(重要教材)一覧

茶道歴50年以上の先生が述べる「一から出直す」という言葉に含まれる世界観・・・受講生・Y.B.さんにおけるエレガンス具現の道のり

2013-01-21

本日、受講生・Y.B.さんから、素敵なメッセージをいただきました。当・英会話道場イングリッシュヒルズでの「品格のあるエレガントな英語」の学びの道に加え、茶道においても「エレガンスの真髄」を探究し続ける受講生・Y.B.さん。このたびいただいたメッセージには、「茶道歴50年以上の先生がおっしゃる『一から出直す』という言葉に含まれる世界観・価値観」について言及されています。

以下において、受講生・Y.B.さんからいただいたメッセージをご紹介します。

◆◆◆◆◆◆◆
生井利幸先生、こんにちは。昨日は、茶道の初稽古がありました。今回の初稽古前に、特別講義Vol.10『茶道におけるエレガンス、英語におけるエレガンス』を拝読させていただいたおかげで、茶室にて、より深い経験をすることができました。

茶室のお床には、「いろは」(お筆:古田紹欽)の掛け軸が飾られていました。稽古前のご挨拶の際、先生より、「今年は、私自身、一から出直すつもりで、みなさんとお稽古をする決意で、この掛け軸を選びました。」との言葉がありました。

茶道歴50年以上の先生がおっしゃる、「一から出直す」という言葉に含まれる世界観は、私が現在学んでいる「一からの基本」とは、次元が全く異なるもの。それは、生井先生が『茶道におけるエレガンス、英語におけるエレガンス』にて述べられている「崇高な心のステージ」(a highly elevated spiritual stage)に通じるものだと確信しました。

私は、お稽古に通う年数ばかりが経ち、なかなか中身が追いついて行かないのが実情です。また、来月には、お茶会でお点前をさせていただくことになっており、気持ちばかりが焦ってしまうこともあります。しかし、常に謙虚で、一つひとつを丁寧に学び続ける姿勢を目の前で体現して下さっている先生へお返しできるのは、私自身も、稽古を積み重ねていくことのみ。お茶会だけではなく、稽古の一瞬一瞬をも「人生最高の一時」と捉え、「いろは」に込められた思いを、私なりに噛んで、少しずつ前に進んで行きたいと改めて決意した次第です。

この度は、生井先生の特別講義のおかげで、茶室において、私の想像力では及ばない非常に深遠な世界の一端を、私なりに感じることができました。どうもありがとうございました。

特別講義において、生井先生からいただいた課題、「『茶道の心得』をどのように英語コミュニケーションに役立てることができるか」・・・。まだ答えには達していませんが、今回の経験が大きなヒントになったことは間違いありません。引き続き、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

心からの感謝の気持ちを込めて・・・。
Y.B.より
◆◆◆◆◆◆◆

⇒ 特別講義Vol.10 『茶道におけるエレガンス、英語におけるエレガンス』

「英語も音楽も仕事も、少しずつ心を込めて丁寧に」・・・受講生・J.K.さんにおける決意と実行

2013-01-20

このたび、Extra Homework 15の学習成果として、受講生・J.K.さんが、心に沁みる発表をしてくれました。

Extra Homework 15の課題は「2013年における私の決意と実行」、・・・J.K.さんは、レッスンにおいて、落ち着いてゆっくりと、英語で「2013年における私の決意と実行」について発表しました。

以下において、「J.K.さんにおける決意と実行」についてご紹介します。J.K.さんの文章は、そのすべてが深い思索を通して書かれたものですが、特に、文中において述べられている「世界的指揮者の講習会の体験」は、他の受講生の皆さんにおいても大変参考になるお話です。

J.K.さん執筆の「2013年における私の決意と実行」(PDF)

受講生の皆さん、「今現在の自分自身をどのような精神基盤を持って少しずつ成長させていくべきか」、今回は、J.K.さんの発表内容に加え、以下の英語音声講義を参考にして深い思索を試みてください。

⇒ risk management(英語音声講義)

(1)「J.K.さんにおける発表内容」、そして、(2)「英語音声講義」(risk management)について、”他人事”としてではなく、「自分の事」としてその内容を噛み締めて考察することにより、何らかの方向性が見えてきます。

このたびのJ.K.さんにおける発表内容は、「しっかりと地に足の着いた『実に堅実な記述内容』」であると感じました。”Little by little”の精神で「一つひとつをきっちりやっていく」と決意したJ.K.さん。私自身、J.K.さんに対して、”little by little”の精神で、一つひとつ、心を込めて丁寧にレッスンを行っていきたいと決意しました。

「『小さなこと』を、油断することなく、一つひとつしっかりとやっていく」、・・・このような堅実な考え方にこそ、確実に前に進むための方法があるのだと捉えます。

How you take your action refines your delicacy.

2013-01-19

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声講義、How you take your action refines your delicacy.を掲載しました。

一秒一秒の価値

2013-01-17

講師の心.com、生井利幸の連載コラム「勝利のための発想法」にて、新教材、一秒一秒の価値が掲載されました。

茶道におけるエレガンス、英語におけるエレガンス

2013-01-16

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材(文書教材)、茶道におけるエレガンス、英語におけるエレガンスを掲載しました。

「厳格な一秒一秒」から構成される60分レッスン・・・closing statementに内在する「講師の真心」

2013-01-16

[特別講義]「国際的教養品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声講義、closing statement 2を掲載しました。

当教室における60分レッスンにおいて、その60分レッスンの幕を閉じるとき、講師が一体どのような精神基盤の下でclosing statementを行うかについては、昨年末に行ったExtra Homework 14において詳しく述べました。

2013年をスタートするにあたり、このclosing statementについて、ここで再度、受講生の皆さんに再復習していただきたいと思います。

以下において、Extra Homework 14において、講師がclosing statementについて解説した文章を引用させていただきます。

・・・・・・・・・・
60分レッスンの最後に、講師は、60分レッスンを終了するための”closing statement”(結びの言葉)をゆっくりと話していきます。”closing statement”は、1分程度、「空気感」によっては数分程度、「国際政治・経済、学術、文化・芸術等における世界のトップリーダーが使う上級英語」、即ち、「品格のあるエレガントな英語表現」を用いて行われます。

レッスンの最後に行われる「講師による”closing statement”」は、実は、“単なる最後の結び”ではありません。本質論を述べるならば、60分レッスンにおいて一番大切な部分は、この”closing statement”における時間的空間に存在します。

講師は、教室におけるすべてのレッスンにおいて、レッスンを終了する際に、レッスンの結びとして、様々な英語表現を用いて”the quintessence of elegance”(エレガンスの真髄)を教授しています。講師は、いつ何時においても、一つひとつのレッスンで行われる”closing statement”において、世界のVIP・教養人・文化人・識者が用いる英語表現を駆使して60分レッスンの幕を閉じているのです。

この”closing statement”は、受講生においては、英語力というよりも、「人生経験」「社会経験」が豊富でなければ「その価値」について理解することは難しいでしょう。さらに、深い部分を述べるならば、受講生自身、それ相応の考える力・感じる力、即ち、(1)「鋭敏な理性」、そして、(2)「繊細な感性」を備えていることが求められます。

講師は、”closing statement”において、その都度、受講生における学習の進度に応じて、少しずつ、真心を込めて丁寧に「エレガンスの真髄」を教授しています。講師は、毎回のレッスンにおいて、次のようなことを想定して”closing statement”を行っています。それは即ち、以下の如きです。

「国際社会において、VIP・教養人・識者が出席する式典・パーティー等においては『品格のあるエレガントな英語』を話すことは必要不可欠である。将来、受講生が何らかの公式のスピーチを行うとき、あるいは、世界の教養人が集まる式典・パーティー等に出席するとき、レッスンで教授される”closing statement”を通して「上級のエレガント英語表現」を習得し、将来において、世界のどのような式典・パーティー等に出席しても、地球に存する一個の人間として、“誇り”と“責任”を持って英語を駆使していただきたい。」
・・・・・・・・・・

refined delicacy

2013-01-14

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声講義、refined delicacyを掲載しました。

英語の音は、極めてデリケートです。デリケートな音を認識・理解し、それを発することができるようになるには、ただ単に英語を聴くのではなく、まず第一に、英会話学習者自身の”tuning standard”を構築することが大切です。

エレガントな”tuning standard”を構築するためには、”refined delicacy”が必要となります。今回は、是非、英語音声講義、”refined delicacy”を聴いて聴いて聴き込んでみてください。

受講生の皆さん、心を静め、邪念・雑念を一切取り払い、「静寂の優雅さ」の中で、<1>”tuning standard”(既に特別講義ページにて掲載済み)、そして、<2>”refined delicacy”を聴いてみてください。

これらの2つの英語音声講義を「心の奥底」で聴けるようになると、「delicacyの磨き方」に触れることができ、講師が行うレッスンをどのように受講していったらさらに優れた学習成果を得ることができるか、より鮮明に理解することができます。

自分自身の「心の奥底」で何らかの”rational vibiration”(理性的バイブレーション)を感じると、「delicacyの磨き方」に触れることができ、徐々に、自分自身の”tuning standard”を構築することが可能となります。

一般の英会話学習者の場合、「暗記学習」だけの毎日を送っているため、「”tuning standard”の構築方法」について触れる機会は全くありません。当・英会話道場イングリッシュヒルズでは、個々の受講生の学習の進度に応じて、受講生ご本人に最も適切な方法で、最も妥当な指導・助言を与えています。


自宅で過ごした、日が落ちる前の静寂のひと時。
心の贅沢の質は、「一秒一秒の刻み方」で決まると私は考えます。


夜は、植物と絵画の面前で、深遠なる思索を試みています。

“Little by Little”(少しずつ)の精神で、勇気を持ってしっかりと前に進んでいる受講生・T.I.さん

2013-01-11

本日は、受講生・T.I.さんが作ったチャーミングな単語帳をご紹介します。T.I.さんは、一日に一つの単語を、この単語帳に書き込み、「まずは一年間続ける」という小さな目標を定め、毎日、少しずつ単語帳に単語を書いていく決意をしました。

一日に一つでも、一年続ければ365になります。T.I.さんは、講師が唱える”Little by Little”(少しずつ)の精神で、毎日、小さな努力を重ねていく決意をしました。

一日一つの単語でも、それを365日間続ければ、実に、365の単語を書き込んだことになります。単語帳に書き込んだ単語は、通勤時間、また、休憩時間等を利用して、いつでも、どこでも学習することができます。

人生最大の敵の一つは、「一度決めたことを途中で放り投げて止めてしまうこと」。そして、人生最大の味方の一つは、「一度決めたことを毎日続けていくこと」。

英語を習得する上で、特殊な才能や能力は必要ありません。肝心なことは、「やるか・やらないか」です。言うまでもなく、「やる人」のみが、確実に前に進むことができます。

“Your presence graces this party very much.”

2013-01-10

「道場で究める英語道」にて、新教材、“Your presence graces this party very much.”を掲載しました。

tuning standard

2013-01-09

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声講義、tuning standardを掲載しました。