AX

レッスン日記(重要教材)

英語道弟子課程弟子・T.A.さん、受講生・Y.T.さん、英語道弟子課程弟子・M.U.さんの真心のご紹介

2018-12-27 |

2018年クリスマスが終わり、その後も、銀座書斎で学ぶ受講生・弟子からの真心をいただいています。そのすべてをご紹介することは難しいですが、以下、できる限り、ご紹介致します。

<1> 英語道弟子課程弟子・T.A.さん(写真・左)、及び、受講生・Y.T.さん(写真・右)

DSCN1336

T.A.さんは、わたくしの弟子ではありますが、言うなれば、「家族同様の存在」です。昨日の英語稽古では、T.A.さんから、のど飴をいただきました。T.A.さんは、いつ何時においても、わたくしの健康状態、また、喉の状態を心配しています。

クリスマスを前にして、銀座書斎近くのレストランにて、講師と共にクリスマス・ミニ・パーティーを楽しむT.A.さん。

クリスマスを前にして、銀座書斎近くのレストランにて、講師と共にクリスマス・ミニ・パーティーを楽しむT.A.さん。

Y.T.さんからは、心温まる御歳暮をいただきました。Y.T.さんは、銀座書斎だけでなく、森のギャラリーにも訪問しています。わたくしは、Y.T.さんが、講師の精神性の中に自分をおき、その中で24時間生き続けていくことを切望しています。通常の勉強方法は、「与えられた学習内容について、単に、”機械的に”暗記する」という勉強方法。最も実のある勉強方法は、「教授者の精神性の中に自分をおき、そこで直接、多種多様な知識(学習内容)に触れ、それらを存分に味わい、噛み、咀嚼し、自分の中にしっかりと吸収する」という勉強方法です。わたくしは、「Y.T.さんは、この一連の学習プロセスを経験できる人である」と確信しています。

<2> 英語道弟子課程弟子・M.U.さん

DSCN1337

このたび、M.U.さんから、お正月用の御飾りをいただきました。いただいた御飾りは、大変大きな御飾りです。

また、M.U.さんから、本日の英語稽古にて、「年末を迎えるにあたり、銀座書斎入居ビルの1階から屋上までの階段スペースの大掃除をしたい」という希望表明が出ました。昨日は、電話で、弟子・H.K.さんから同様の希望がありました。本日の午後は、年末・年始のスケジュールを調整し、できる限り、弟子たちの「清らかな心」を無にしないようにしたいと考えています。