AX

レッスン日記(重要教材)

[修正・加筆] 世界の成功者にとって、「意志」(will)とは、まさに「道」(way)そのものである。

2018-11-07 |

“Where there is a will, there is a way.”
「意志がある所には、道がある。」

「一念岩をも通す」、・・・この格言の意味は、「強い意志があれば、硬い岩や石をも通る」という意味。困難に遭遇したとき、肝心な問題は、「できるか・できないか」ではなく、「『絶対にそうしたい』(I really want to do it no matter what.)という意志があるか・ないか」ということです。話を広げると、仏教にも、このような教えがあります。

日本社会には、「英会話を習得したい」と決める人は、実に相当数存在します。しかし、人間の常ですが、習得したいと決めて勉強をスタートしても、真面目に、そして、根気強く勉強を続けられる人は、常に「ほんの一握りの人々」。

目標を定めることは、誰にでもできます。しかし、目標を定めた後、「勉強を続けていけるかどうか」は、人によって大きく異なります。

英会話は、習得したいと決めるところには、何ら意味は生じません。英会話は、「強固な意志」(a strong will)を堅持し、「習得する上で必要な勉強を続ける」ことによって初めて、そこに意味が生じます。

強固な意志があれば、必ず、道があり、前に進むことができます。世界中の成功者にとって、「意志」(will)とは、いわゆる「道」(way)そのものなのです。

通常人の場合、この考え方を理解し、毎日の生活において実行できるか否かで、「人生の行く末」が大きく変わります。

補足:
「決断し、新しいことをスタートし、後に、途中で止める」、・・・この行動パターンが、「成功しない人」「自己実現できない人」が持つ共通点です。世の中の多くの人々がこの行動パターンを何度も繰り返して経験し、自らの人生の終焉を迎えます。