AX

レッスン日記(重要教材)

受講生・N.S.さんのレッスンにて、西田幾多郎先生と鈴木大拙先生のお話に花が咲きました。

2018-09-06 |

昨日、受講生・N.S.さんから、素敵な真心をいただきました。

DSCN1247[1]

いただいた箱を巻いている紐は、N.S.さんの生家で代々つくっている紐だそうです。

N.S.さんは、石川県出身。石川県は、日本の近代の発展に多大な貢献をした偉大な学者である西田幾多郎先生(1870~1945)、及び、鈴木大拙先生(1870~1966)を輩出した県です。

先日のレッスンでは、西田幾多郎先生(哲学)、及び、鈴木大拙先生(仏教学)のお話に花が咲きました。西田幾多郎先生、鈴木大拙先生共に、わたくし自身、子供のころから尊敬している憧れの先生です。

西田幾多郎先生は、わたくしが著した哲学書・「人生に哲学をひとつまみ」(はまの出版)で紹介している哲学者であり、いわゆる京都学派の創始者です。鈴木大拙先生は、日本の仏教についてアメリカ等の大学で講演・講義し、世界中に仏教の教えを伝えることに身を捧げた世界的仏教学者です(日本国籍の研究者として、海外の大学で英語で仏教学を講じた先駆者)。

現在は、鎌倉の東慶寺に、清らかな静寂の美意識に包まれて、西田先生、鈴木先生のお墓があります。わたくしは、また、近いうちに、東慶寺に眠る先生方のところに伺おうと計画中です。