AX

レッスン日記(重要教材)

「私は、本物になりたいです」・・・受講生・Y.I.さんの言葉

2018-05-13 |

2018年5月4日(金)、受講生・Y.I.さんは、レッスンにて、勉強のことで講師から叱られました。Y.I.さんが講師から叱られた理由は、「Y.I.さん自身、日々の勉強努力が足りない」ということが主な理由です。

その後、即ち、1週間後のレッスン(5月11日(金))を迎えると、Y.I.さんは、講師に以下のようなことを表明しました。

「私は、本物になりたいです」と。

上記のことから、「世界に共通する一つの道理」を導き出すことができます。それは、次の通りです。

「本物の指導・助言を素直に聞き、それを実行する人は、本物の道を歩むことができる。一方、本物の指導・助言から逃げ、やさしいだけの”嘘偽りの道”・”上辺だけの道”に逃げる人は、何年学んでも、本物の道を歩むことは不可能である。」

受講生の皆さん、この「物質至上主義社会」では、どこを見ても、たくさんの嘘偽りの様相・有様でいっぱいです。皆さん、是非、本物の道を歩み続けてください。

「人生の質」は、そのすべてが、自分自身の勇気・決断・行動で大きく変わります。真実・本質・真理から逃げたら、それで終わりです。

「清らかな心」で、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番を鑑賞するY.I.さん。

Y.I.さんは、講師にしっかりと自分の心を預け、「清らかな心」を樹立。銀座書斎・「奥の聖域」にて、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番を鑑賞しました。写真は、2017年10月当時。

補足:
講師は、時折、必要に応じて、受講生に注意したり、叱ったりします。長い期間にわたって生井利幸の下で勉強している受講生においては認識・理解していることですが、わたくしが受講生を叱るのは、100パーセント、「受講生ご本人の発展と幸福」を実現するために行うことです。したがって、「真実・本質の道」を歩みたい人には当教室のレッスンは「最高の学びの聖域」となりますが、その反面、経済社会に蔓延する「嘘偽り」が好きな人においては、当教室のレッスンの価値・質を理解することは難しいでしょう。