AX

レッスン日記(重要教材)

「時間とは何か、空間とは何か、人間は一体何者なのか」・・・138億年前の宇宙の誕生から、46億年前の地球の誕生、800万年~500万年前の最古の人類の出現を手掛かりに

2018-02-24 |

わたくし生井利幸は、銀座書斎にて、受講生に対して、そして、弟子に対して、常に、以下のような見識の下で英語を捉えてもらうべく、「最高峰の英知の空間」を提供し続けています。

わたくしは、一事が万事において、銀座書斎にて、最高・最善の準備の下、まさに「最高の空気感」を創造・維持した上で、すべての学習者を迎えています。言うまでもありませんが、銀座書斎における「学習の質」は、(1)「学習者自身における学習に対する捉え方」、(2)「学習者における心のあり方」次第で、高くも低くもなります。

わたくしが学習者に対して述べている捉え方とは、(1)「英語は、人類共通の言語である」、そして、(2)「英米人の言語としての英語を学ぶのではなく、人類共通の言語として英語を学んでください」という捉え方です。

(例えば)講師がせっかく普遍的な立ち位置からレッスンを行おうとしているにもかかわらず、そうした講師の教育理念を理解しようと試みることなく、学習者自ら、積極的にローカルな話(ローカルな空気感、固定観念等)を持ち込み、それを積極的に話そうとする行為は、「学習者自身が、自分から本質的な学習の機会を放棄してしまう」という”非理性的行為”となります。銀座書斎では、勉強を本質的な方向性に向けて進め、しっかりと勉強の成果を出す学習者は、常に、「銀座書斎の空気感」を認識・理解し、その空気感を満喫する学習者です。

自分の心を整え、「英知の美しさ」を経験したい学習者に対して、わたくし生井利幸は、「学習者が望む以上の英知・教授内容」を提供し続けています。本日は、このような観点を踏まえ、以下の記述についてご紹介します。

リンク先では、記述に加え、英語音声講義も同時掲載しています。原稿を精読後、英語音声講義を受講すると、「崇高なる英知」の中に自分の身を置くことができ、これから、わたくし生井利幸の下で、どのような見識の下で勉強していくことができるか、しっかりと認識・理解することができます。

◆生井利幸公式サイト
⇒「時間とは何か、空間とは何か、人間は一体何者なのか」・・・138億年前の宇宙の誕生から、46億年前の地球の誕生、800万年~500万年前の最古の人類の出現を手掛かりに