AX

レッスン日記(重要教材)

新受講生・S.I.さんの「新たなる出発」

2018-02-23 |

新受講生・S.I.さんは、今月の2018年2月から当・英会話道場イングリッシュヒルズでレッスン受講をスタート。現在、「銀座で学ぶ、女性のための基礎英会話」コースにて、精力的に勉強に励んでいます。

S.I.さんは、国際線のキャビン・アテンダントとして航空会社に勤務。現在は、アメリカ東部の都市と日本を往復する生活を柱として、日本、アメリカ等で、エネルギッシュに時間を過ごしています。

S.I.さんは、(1)「小学生当時、ニュージーランド滞在の際に乗った飛行機のオーストラリア人キャビン・アテンダントと一緒に、CAシートに一緒に座って写真を撮った経験」、そして、(2)「小学校の英語劇でCA役を演じた経験」から、将来は、キャビン・アテンダントになりたいという目標を設定。S.I.さんは、大学で英米文学を専攻後、子供時代からの夢を現実にしました。

今月のバレンタインデーの際には、銀座書斎にて、S.I.さんから美味しいチョコレートをいただきました。S.I.さんは、常に、温かいコミュニケーションを図ることを生活の柱としている「優しい心を持った淑女」です。

本日は、S.I.さんは、S.I.さんにとって使いやすい紙の辞書を探すため、書店まで足を運んでいます。S.I.さんは、辞書を選ぶ際、わたくしに電話をして、どのような辞書が良いのか、重要ポイントを確認しました。

S.I.さんは、レッスンのすべてをボイスレコーダーで録音し、毎日、レッスンのための予習・復習に励んでいます。

現在、S.I.さんがメインとする勉強は、以下の通りです。

1 ボイスレコーダーをフル活用したレッスンの復習
録音済みのレッスン内容を、繊細・詳細に復習。ディクテーション、及び、ディクテーションした内容をノートに整理。レッスンのディクテーションをすると、「英語の深さ・美しさ」に触れることができます。通常の英語の勉強方法である暗記学習から完全に離れ、レッスンのディクテーションを通して、「デリケートに、英語を感じる」という経験を積み重ねていくことが重要です。ディクテーションは、相当なる時間とエネルギーを必要としますが、”だからこそ”、「習得の道」を歩むことができます。

2 「レッスン日記」の勉強(2008年3月からの記述内容を、順番に勉強)
レッスン日記を、時間をかけて丁寧に勉強すると、新しい気づき、そして、勉強における本質的方向性が見えてきます。

3 [特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」
生井利幸作成の独自教材、英語音声講義、及び、文書教材を交互に事前学習。英語音声講義、及び、文書教材を交互に事前学習した上で、レッスン前半に行う「特殊講義」を受講すると、教材の内容について「相当なる理解」を得ることが可能となり、少しずつ「国際的教養」「品格」が養われていきます。

4 講師が指定した英会話テキストの勉強
レッスンでテキストを学習後、毎日、2ページを10回ずつ音読。

S.I.さんは、「自分の心」をしっかりとわたくしに預けて、毎日、一生懸命に勉強しています。わたくしは、これからのS.I.さんの勉強の推移を見るのが楽しみでなりません。