AX

レッスン日記(重要教材)

「理性性・基盤構築稽古」(第3回)の告知・・・英語道弟子課程

2017-09-29 |

◆英語道弟子課程、「理性性・基盤構築稽古」(第3回)

1 概要
本日、英語道弟子課程、「理性性・基盤構築稽古」(第3回)の告知を掲示する。英語道弟子課程、「理性性・基盤構築稽古」とは、理性的存在者(rational existent)としての人間に賦与された『天賦的理性』(inherent reason)について普遍的に捉え、天賦的理性の重要性について系統的に認識・理解することを目的とする稽古である。生井利幸は、弟子たちの理性性の基盤構築を実現するべく、このたび迎える第3回「理性性・基盤構築稽古」に於いても、弟子たちに対して国内外で最高峰の指導を賦与する。

生井利幸の弟子は、学問・文化・芸術に内在する本質を探究する道を歩む上に於いて、まず第一に、相当年数をかけて、1)「精神性」(spirituality) ⇒ 2)「理性性」(rationality) ⇒ 3)「神聖性」(holiness)という如き、生井利幸の形而上学(metaphysics)に内在する普遍的構造を認識・理解・吸収することが大前提となる。

わたくしは、通常コースの受講生に対しては、「エレガント英語を自分のものとするには、まず第一に、『豊かな心』を持つことが大切です。豊かな心・清らかな心が、自分の人生を豊かにし、それが直接、エレガント英語を構築するための道となる」というラインのレッスンをわかりやすい方法で行っている。受講生に対するこのラインのレッスンは、可能性のある受講生に於いては、前述の「三段階構造で組織される生井利幸の形而上学」に触れる前の準備ステージとしての役割を演じている。

言うまでもなく、「生井利幸に於ける三段階構造の形而上学」を認識・理解する上で弟子に必要不可欠な学習経験は、弟子自身、英語稽古以外の時間帯に於いても、常に、生井利幸が発する一語一語について細心の注意を払って聞き、それらについて詳細にノートにメモを取るという学習経験である。弟子であれば既に認識・理解していることであるが、わたくしは、通常、リラックスした雰囲気の下、笑顔で話す雑談に於いても、そこに『何らかの本質的メッセージ』を挿入している。

第3回目を迎える本稽古は、所謂、「前導入段階としての理性性・基盤構築稽古」としての役割を演じる稽古である。本稽古の教授法は国内外で最高峰であるが、弟子たちに賦与する指導内容は、あくまで前導入段階としての稽古である。このたび行われる第3回「理性性・基盤構築稽古」に於いて講じられる特殊講義も、第2回「理性性・基盤構築稽古」と同様に、英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)にて賦与される。「奥の聖域」に於いて行われる特殊講義は、生井利幸の『準エラヴェイティッド英語』(English spiritually pre-elevated)によって正式賦与される。

受講する上で弟子に求められる基礎条件は、生井利幸の正式神聖指導の下、弟子自身が自己の解毒・浄化を図り、「まず第一に、自己の命をはって、生井利幸の弟子として『純粋存在者』になりたい」という巨大な熱情(計り知れない熱情)を持っていることが大前提となる。すべての弟子は、現在、第7等級の弟子(disciple)である。弟子は、相当年数をかけて自分を磨き抜き、後に、より高次のステージである「第6等級の弟子」(disciple purified)になるprivilegeが賦与されている。

2 受講資格
平日・週末に関係なく、毎日のすべての一秒一秒に於いて「生井利幸の英知・美意識のtransubstantiation具現」を目指し、「限界の限界」まで勉強努力をしている弟子が受講対象。真実を述べるならば、「限界の限界」まで勉強していない弟子が、形だけ、師から如何なる1)「正式理性指導」、及び、2)「正式神聖指導」を賦与されても、弟子自身の「理性性の改善・向上」に繋がることはない。

3 本稽古に於ける特殊講義の録音について
弟子に賦与する特殊講義は、英米に於ける通常の大学院の講義を遥かに超越した講義である。弟子自身、自分自身の名誉・尊厳・命にかけて「生井利幸が賦与する特殊講義」をボイスレコーダーで録音することを強く希望する場合は、必ず、事前に「録音の許可」を取ることが必要。言及するには及ばないが、弟子は、生井利幸の特殊講義に対する「録音の許可」の賦与は、local permissionではなく、”holy permission”であることを『自分の命』に銘じること。

4 賦与方法
本稽古は、英語稽古(基盤稽古)の時間枠に於いて賦与。賦与時間は、稽古の前半部分を利用。

5 賦与期間
2017年10月16日(月)~10月21日(土)

6 稽古場
英語道弟子課程・第一稽古場
(銀座書斎・「奥の聖域」)

7 受講希望表明の方法
電話のみ。2017年9月29日(金)まで。

8 受講のための準備方法
受講の許可を賦与した後、詳細を指導・助言。