AX

レッスン日記(重要教材)

ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594)作曲:ミサ曲「ガリラヤ人たちよ」 ・・・英語道弟子課程向け告知

2017-09-22 |

本日、英語道弟子課程弟子を対象として、以下の告知を掲示する。

1 概要
英語道弟子課程・第一稽古場(銀座書斎・「奥の聖域」)にて、ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594)が作曲したミサ曲「ガリラヤ人たちよ」を鑑賞する機会を賦与する。ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナは、イタリアのルネッサンス後期の音楽家。パレストリーナは、西洋社会では「教会音楽の父」と言われている音楽家である。主要作品としては、ローマ・カトリックの宗教音楽を数多く残している音楽家である。鑑賞プログラムの詳細は、まず最初に、「奥の聖域」に於いて、生井利幸が、『準エラヴェイティッド英語』(English spiritually pre-elevated)で特殊講義:「人類史に於けるガリラヤの意味」を賦与。その後、パレストリーナ作曲: ミサ曲「ガリラヤ人たちよ」の鑑賞の機会を賦与する。

2 プログラム
1)特殊講義
「人類史に於けるガリラヤの意味」
2)音楽鑑賞
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(1525-1594)
ミサ曲「ガリラヤ人たちよ」

3 賦与期間
2017年10月2日(月)~10月7日(土)

4 賦与の時間枠
通常の英語稽古(基盤稽古)の時間枠を使用。

5 受講希望の表明方法
電話のみ。2017年9月22日(金)まで。

追記

先日、英語道弟子課程弟子・H.K.さんから、フランス産の美味しいチーズとオリーブ、そして、品格を感じる赤ワインをいただきました。

先日、英語道弟子課程弟子・H.K.さんから、フランス産の美味しいチーズとオリーブ、そして、品格・品位を感じるフランス産の赤ワインをいただきました。