AX

レッスン日記(重要教材)

銀座書斎の構造・・・英語道弟子課程弟子・M.U.さん執筆

2017-08-10 |

本日は、英語道弟子課程弟子・M.U.さんが作成したノートの一部をご紹介します。ノートは、「銀座書斎の構造」について書かれてある3ページ分のノートです。

「銀座書斎の構造」についてわかりやすく述べると、以下の3つのステージに分かれています。

<1> 法(目に見える形にした「法の力」)
<2> 正義(理性の具現)
<3> 神聖

⇒ M.U.さん執筆、「銀座書斎の構造」(PDF)

法律家としての生井利幸にとっての「法」(law)とは、所謂、理性法を意味します。理性性の範疇に存する社会正義とは、言うなれば、理性の具現。神聖性は、一般的社会正義を超越する、より崇高なる境地です。

本日、M.U.さんからPDFを受信した際、以下のような素敵なメッセージをいただきました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生井利幸先生、

本日も、特殊講義、また、多くの内容の英語稽古をありがとうございました。稽古の際にご提案くださいました、ノートのPDF(銀座書斎の構造)をお送りさせていただきます。先生のご都合に合わせ、ご確認いただけますと幸いです。初心に戻り、楽しみながら作成したノートに対し、この度も、このようなお話を頂戴できましたこと、光栄な気持ちと共に、大変うれしく思っております。ありがとうございます。蝉の声に、より蒸し暑さを感じながら、自宅へと歩いていたところ、とても美しい、一匹のラベンダー色のトンボに出会いました。すぐ近くまで秋は来ているのですね。今日、先生が咳をされていたので心配です。どうぞお風邪など召されませぬように。

感謝と敬意をこめて
M.U.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

追記

受講生・S.M.さんから、素敵な御中元をいただきました。

受講生・S.M.さんから、素敵な御中元をいただきました。