AX

レッスン日記(重要教材)

“cleansing nonesensical pieces poisoned from heart”・・・英語道弟子課程弟子・H.K.さんにおける第二稽古場での純粋経験

2016-01-31 |

昨日の2016年1月30日(土)、英語道弟子課程弟子、H.K.さんが、土曜日・早朝の英語稽古を受講後、その日の夕方、英語道弟子課程・第二稽古場(森のギャラリー)にて”cleansing nonesensical pieces poisoned from heart”をテーマとする”特殊時間”を持ちました。

“cleansing nonesensical pieces poisoned from heart”とは、これをわかりやすく述べれば、「人間の心の中に蔓延る、『世俗社会からの影響によって毒された様々な無意味・無価値な諸要素』の除去・浄化」という意味を成します。

H.K.さんは、この日、早朝の英語稽古にて、講師が年末年始に睡眠時間を削って作成した弟子用教材、『「transubstantiation理論」を介した世界レヴェルの英知・美意識の構築具現』についての巨大リポートを提出。その日の夕方、第二稽古場にて、”cleansing nonesensical pieces poisoned from heart”という如き特殊時間を持ち、今、再び、「純粋の純粋」を追求し、「真の意味での『洗練の道』」を歩むべく準備しています。

H.K.さんは、2016年1月に仕事でアメリカに出張。アメリカ滞在中も、現地での仕事の後、毎日、ホテルで睡眠時間を削って英語道弟子課程の勉強に専念。日本に帰国後は、教材の勉強の仕方を電話で講師に相談した後、『「transubstantiation理論」を介した世界レヴェルの英知・美意識の構築具現』について真心を込めてリポート作成を行いました。

英語道弟子課程・第二稽古場にて、H.K.さんから美味しいチョコレートをいただきました。