AX

レッスン日記(重要教材)

受講生・Y.A.さんが、2016年2月から正式に、英語道弟子課程・弟子選考試験の準備期間に入ります。

2016-01-24 |

受講生・Y.A.さんは、2016年1月23日(土)、「特別追加レッスン」として、銀座書斎「奥の聖域」にて、ルードヴィヒ・ファン・ベートーヴェン作曲:交響曲第5番 ハ短調 作品67を鑑賞しました。

Y.A.さんは、昨年より、講師から、「自宅にて、ベートーヴェン作曲:交響曲第5番 ハ短調 作品67を計100回鑑賞」という課題を与えられ、Y.A.さんは、集中して与えられた課題に取り組みました。先日の「特別追加レッスン」は、「交響曲第5番の100回の鑑賞」を終えたY.A.さんに対する講師からのプレゼントして行ったレッスンです。

Y.A.さんは、2015年2月から、ニューヨーク式・基礎英会話特訓コース(週2回コース)にてレッスン受講をスタートしました。今月末で、受講スタートから丸一年を迎えます。Y.A.さんは、来月から、いよいよ本格的に英語道弟子課程・弟子選考試験の準備期間に入ります(弟子選考試験の準備期間は、通常「3ヵ月」を要します)。

英語道弟子課程は、「世界レヴェルの英知・美意識」構築具現を目指すことを主眼とする、当教室における「最高峰の学問の聖域」です。英語道弟子課程でも、無論、最初は「世界レヴェルの英知・美意識の『基礎』『基盤』」を学びますが、少しずつ上級の勉強を進めていくことによって、やがては、1)「英米のトップレヴェルの大学院教育と同等レヴェル」、そして、将来は、2)「それ以上の、究極的な英知・美意識のステージ」(世界の文明・文化のローカルラインを超越した普遍的ステージ)に到達することを目標とします。

人生は、一度だけです。たった一度だけの短い人生をどのように輝かせるかは、まさに、学習者本人の努力次第で決まります。

Y.A.さんは、レッスン受講スタート以来、実に早い時期から、目標を一本に定め、”腹を決めて”、わたくし生井利幸の指導についてきました。わたくしは、Y.A.さんにとって必要な指導・助言は、今後も、すべて行っていきます。わたくしは、Y.A.さんが、一歩一歩確実に「自分の目標とする本物の道」を歩んでいけるよう、命をはって指導していきます。

以下において、Y.A.さんからいただいた素敵なメッセージ、そして、Y.A.さんが作成した「ベートーヴェン交響曲第5番鑑賞リポート」をご紹介します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生井先生、

先生、本日も心が元気になるレッスンをありがとうございました。先生のレッスンを受講した後は勉強に対してのやる気が更に増すので、帰宅して早速復習をしております。来週はニューヨーク式・基礎英会話コースの最終週となりました。あっという間の1年間でしたが、ここまでがんばれたのは、先生に引き上げていただいた以外の何ものでもありません。本当にありがとうございました。これからは、いよいよ本当の学びの道へ進めるよう、更に努力してまいりますので、引き続きご指導のほどよろしくお願い致します。ベートーベン・交響曲第5番のレポートを添付させていただきます。ご確認お願い致します。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

⇒ Y.A.さん作成の「ベートーヴェン交響曲第5番鑑賞リポート」(PDF)