AX

レッスン日記(重要教材)

演繹法思考の基礎・・・The basic mechanism for the sake of reasonable deduction

2015-09-06 |

英語道弟子課程・弟子専用ページ、Pre-elevatedにて、新教材、英語音声講義、“The basic mechanism for the sake of reasonable deduction”を掲載しました。

本英語音声講義は、所謂、「演繹法思考の基礎」を構築するための教材です。妥当性のある演繹思考法を確立するには、まず第一に、思考プロセスの構築をしなければなりません。

生井利幸の弟子における演繹法・思考プロセスの構築は、生井利幸から直接、「耳学問」(learning by ear)を介して体験具現することが最も近い道のりです。

「耳学問」とは、一体何を意味する勉強法なのか。「耳学問の重要性」について十分な認識・理解をしていない弟子は、<生井利幸の弟子であるダイナミズム>を経験することはできないでしょう。過去において大学院の研究室で学んだ経験を持つ弟子(弟子選考試験受験者)は、大学院時代の経験を活用・応用すると良いでしょう。