AX

レッスン日記(重要教材)

地に足の着いた方法で、しっかりと前に進んでいる受講生・N.S.さん

2015-07-28 |

受講生・N.S.さんは、2014年9月からレッスン受講をスタート。N.S.さんは、レッスン・スタート以来、「銀座で学ぶ、女性のための基礎英会話」コースで丁寧に英語を学んでいます。

N.S.さんは、これまでのレッスンにおいて、英語を英語で学ぶダイレクト・メソッドを通して、「英語を英語で感じる」という経験を重んじてきました。N.S.さんは、レッスン受講と共に、日々、2008年3月からの「レッスン日記」の精読を行い、最近、2015年までのすべての記述の精読を終了。レッスンでは、英語で、精読の成果の発表も行ってきました。現在は、講師の本サイトである「生井利幸公式サイト」に掲載されている教材(文書教材・英語音声講義)を学習し、同じように、レッスンにおいて学習の成果を発表しています。

N.S.さんは、レッスン・スタート1年目のうちに講師が著した哲学書「人生に哲学をひとつまみ」の学習をスタート。現在、少しずつ、同書のノート作りを行っています。

すべてのレッスン受講1年目の新受講生に共通することですが、将来において、「人類」(humankind)というグローバルな立ち位置から「教養ある英日バイリンガル」として自分を仕上げるには、次に掲げる「3つの勉強」が必須となります。

その3つとは、以下の通りです。

 1 生井利幸が直接指導するレッスンのディクテーション、及び、重要ポイントの整理
 2 2008年3月から現在までの「レッスン日記」の精読・ノート作成
 3 生井利幸が著した哲学書「人生に哲学をひとつまみ」のノート作成

特に、1年目の新受講生に共通することですが、上記の3つの学習を行うと「心のステージ」(spiritual stage)のアップグレードを実現する可能性を見い出せ、それを大前提として、生井利幸独自の教授方法を介して、英語で「学問」「文化」「芸術」に触れる道のりを模索することが可能となります。

追記:
この夏には、N.S.さんから以下のような素敵な真心を頂戴しました。