AX

レッスン日記(重要教材)

本物の道を歩み続ける愛弟子・K.H.さん・・・特別稽古:「リヒャルト・シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30 に於ける音楽哲学と美意識」

2015-07-07 |

2015年6月28日(日)、英語道弟子課程、弟子(disciple)・K.H.さんは、英語道弟子課程・第二稽古場(森のギャラリー)にて、特別稽古として、「リヒャルト・シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30 に於ける音楽哲学と美意識」を受講。K.H.さんは、特別稽古を受講する際において、たっぷりと時間をかけて「完全なる事前準備」を行い、特別稽古当日、わたくし生井利幸が迎える森のギャラリーに入室しました。

英語道弟子課程、弟子(disciple)、K.H.さん。2015年のこの夏、二人目のお子さんを出産予定。英語道弟子課程の英語稽古は3ヵ月休みますが、K.H.さんは、既に、お休みの間の学習計画書を講師に提出。上の写真は、受講生当時、銀座書斎にて「特別追加レッスン」を受講した際に撮影したもの。

英語道弟子課程・特別稽古の主題
リヒャルト・シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30 に於ける音楽哲学と美意識。特別稽古は、リヒャルト・シュトラウスの『ツァラトゥストラはかく語りき』を介して、森のギャラリーが演出する植物と絵画で構築された美の大空間に於いて、所謂、「究極的美意識の一側面」に触れることを主眼とする。

以下において、K.H.さんが1週間かけて実に丁寧に作成した「特別稽古リポート」をご紹介します。

⇒ K.H.さん作成・特別稽古リポート(PDF)

特別稽古の当日、K.H.さんから、御中元として、まさに、”the very elegance of the elegance”と言える極上のシャンペンとワインをいただきました。近日中に、環境設定、及び、テーブルのセッティングを行った上で、K.H.さんにいただいたシャンペンとワインを介して、”the very elegance of the elegance”を満喫したいと計画中です。

また、特別稽古の当日、K.H.さんから以下のようなスイーツもいただきました。

K.H.さんは、この夏に、2人目のお子さんを出産予定です。出産に伴い、英語稽古(基盤稽古)は3ヵ月間お休みです。お休みの期間は2015年7月~9月ですが、K.H.さんは、本日、特別稽古リポートを提出するために銀座書斎を訪問しました。その際、以下のような素敵なお手紙と真心をいただきました。