AX

レッスン日記(重要教材)

ミケランジェロ作『パウロの改宗』の特殊講義を受講した、英語道弟子課程・弟子・K.H.さん

2015-03-08 |

2015年3月7日(土)、英語道弟子課程、弟子(disciple)・K.H.さんは、理性性、且つ、神聖性の空気感に包まれた聖域、「森のギャラリー」(英語道弟子課程・第二稽古場)にて、「弟子の特権」を活用し、イタリア・ルネッサンス絵画の特殊講義を受講しました。

◆特殊講義の概要
1 心の準備(整理)
2 特殊講義
 ミケランジェロ作『パウロの改宗』について
3 歓談

補足:
・・・弟子が「森のギャラリー」(英語道弟子課程・第二稽古場)にて特殊講義を受講する際には、弟子自身が、事前に、必ず「心の浄化」(spiritual purification)を図っています。・・・

昨年以来、K.H.さんが学習を続けている西洋絵画の勉強は、今回で4回目を迎えました。K.H.さんは、森のギャラリーでの学習の後は、ボイスレコーダーで録音した特殊講義について詳細に復習。毎回、その復習の成果を講師に提出しています。

森のギャラリーでの特殊講義の際、K.H.さんから真心のこもった綺麗なお花、そして、美味しいフランス産の赤ワインをいただきました。

2015年2月には、K.H.さんからチャーミングなメッセージも頂戴しております。

今月は、生井利幸事務所・社会貢献事業として、銀座書斎にて、一般の方々を対象として、クラッシック音楽の鑑賞会を開催しています。K.H.さんは、生井利幸の弟子として、「事務所が行う社会貢献活動の精神」をしっかりと理解している弟子の一人です。K.H.さんは、先日、音楽を鑑賞する訪問者の方々にと、美味しいお菓子を銀座書斎に持ってきてくれました。

勉強とは、1)「自分の幸福・利益のためだけに行うのか」、それとも、2)「他の人々、ひいては、社会に幸福を齎すために行うのか」、・・・人が勉強を行うとき、このあたりの問題意識が「勉強の質」を変えていきます。K.H.さんは、この問題について、弟子として、わたくし生井利幸の精神をしっかりと引き継いでいます。