AX

レッスン日記(重要教材)

弟子に求められる「精神の統一」

2014-12-27 |

2014年も終盤を迎え、一般世間は、既に、”休暇ムード一色”となっています。一方、「世界レヴェルの英知・美意識」構築を目指す英語道弟子課程では、年末年始に関係なく、通常通り、厳格精神を堅持し、平常通りの勉強をすることが必要不可欠です。

生井利幸の弟子は、本日、以下の英語音声講義を聴いて聴いて聴き込んで、「自己の精神の統一」を図ってください。

“Wisdom scientifically diffused by Euclid in ancient Egypt Ⅰ”
“Wisdom scientifically diffused by Euclid in ancient Egypt Ⅱ”

(形だけの)偽者の弟子は、師が見ていないと、上手に手を抜きます。一方、本物の弟子は、師が見ているか否かに関係なく、毎日、厳格精神を堅持して勉強を続けます。

上記2巻の英語音声講義の講義内容は、古代エジプト・ギリシア時代から、中世、近代、現代に至るまで、すべての時代に共通した「学問をする存在者の根本精神」について講じた内容です。

1)「本物として学問をするか」、2)「偽物として学問をしているふりをするか」、・・・そのすべては、「弟子自身」の行動が証明します。