AX

レッスン日記(重要教材)

受講生・Y.I.さんが感じる「本物を目指す醍醐味」

2014-12-26 |

受講生Y.I.さんは、2014年8月から「『音』から入る、はじめての英会話」コースに在籍。その後、講師の厳格指導の下、少しずつ丁寧に英語を学んでいます。

Y.I.さんは、「自分の心」をしっかりと講師に預け、「厳格指導の際に講師と約束した学習内容」について必ず守るように心掛けて勉強しています。

Y.I.さんは、レッスン受講スタート以来、講師の指導通りに、教室における最も重要な教材である「レッスン日記」を少しずつ丁寧に精読する日々を送っています。言うまでもなく、レッスン日記は、「基礎の基礎から、エレガント英語の習得方法、そして、国際的教養・品格を養うための学習方法」について学ぶことができる『教室の基盤となる重要教材』です。Y.I.さんは、講師が与える指導、即ち、「レッスン日記を、”2008年3月付の記述”から、たっぷりと時間をかけて精読し、ノートに整理する重要性」についてしっかりと認識・理解し、毎日、少しずつ前に進んでいます。Y.I.さんは、2008年3月からのレッスン日記の記述について、既に数百枚ほどプリントアウトし、少しずつ丁寧に精読し、ノート作成を継続的に行っています。

現在、レッスン受講以外の時間においてY.I.さんが行っている主な学習内容は以下の通りです。

1 ボイスレコーダーをフル活用したレッスンの復習
2 生井利幸著「人生に哲学をひとつまみ」の精読
3 基礎的文法の学習(講師の助言を下に、現在準備中)
4 英会話道場イングリッシュヒルズ・ウェブサイトの閲覧学習
5 特別講義ページのオリジナル教材の学習、等

「安易な近道は、結局、『遠回り』となる」、・・・本日、Y.I.さんは、この考え方を基盤として、2014年同様、2015年も、真心を込めて丁寧に学習を続けていく決意を講師に表明しました。

以下において、Y.I.さんが真心を込めて学習した学習内容の一部をご紹介します。