AX

レッスン日記(重要教材)

「崇高から滑稽へ」(from the sublime to the ridiculous)

2014-09-28 |

[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、新教材、英語音声講義、“From the sublime to the ridiculous”を掲載しました。

このたびの英語音声講義は、”From the sublime to the ridiculous”。講義についての理解度は、英語自体の理解のみではなく、「『巨大な理性的球体』(immense rational sphere)の存在を知り、その『巨大な理性的球体』に入るための入口を見つけることができるか否か」を示す”一つの基準値”としての役割も果たしています。

この講義について、”必要十分に”、且つ、”しっかりと”認識・理解するためには、海外・日本に限らず、学習者において『”基礎的”・言語理解能力』(”基礎的”・英語力)を備えていることに加え、大学院修士課程修了程度の『基礎学力』が最低限必要となります。