AX

レッスン日記(重要教材)

「基礎」(the basis)の重要性・・・英語道弟子課程、弟子(disciple)・M.U.さんにおける最近の学習状況

2014-09-26 |

本日は、英語道弟子課程、弟子(disciple)・M.U.さんにおける最近の学習状況をご紹介します。このたびは、先日の英語稽古において講師が確認したM.U.さんにおける1週間分の学習の成果をご紹介します。

M.U.さんにおける現在の学習は、「基礎」(the basis)の構築、あるいは、再構築に重きを置いた学習方法を行っています。このレッスン日記において既に何度も述べていますが、「基礎」とは、簡単という意味ではありません。基礎は、事物における「基盤」(the foundation)であり、ある意味で、「本質」(the essence)でもあります。当・英会話道場イングリッシュヒルズには実に様々な受講生・弟子が在籍していますが、「基礎の重要性」を理解できない学習者は、当教室には向かない学習者であると言わざるを得ません。

率直に述べるならば、海外でも日本でも、教養人・見識者であればあるほど、「基礎の重要性」について深い理解をしています。逆に、堅実な努力をすることもなく、簡単に学ぶ方法ばかり探している学習者は、ローカルな自己顕示欲から、欲張って、難しいものばかりを機械的に暗記しようとします。現実問題として、「基礎」を構築することなく難しいものばかりを丸暗記しても、何ら効果が出ることはありません。(エゴを源泉とする自己顕示欲、ローカルな私利私欲の実現のために)難しい英語を丸暗記する、・・・これこそが、日本人のほとんどすべての学習者が陥る「落し穴」(効果・成果の出ない学び方の「典型」)です。

言うまでもなく、当教室において、生井利幸の直接指導の下、自己の学習を成功に導く学習者はすべて、「清らかな心」「謙虚な学びの心」を基盤として、『基礎の重要性』(the importance of basis)を認識・理解している学習者です。では、以下において、M.U.さんのノートをご紹介します(1週間分)。

⇒ 森のギャラリーで経験した「弟子の特権」(privilege given to the disciples)

⇒ 英語稽古の復習用ノート

⇒ 英語音声講義の学習ノート

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生井利幸先生、

こんばんは。日頃より、温かく、そして、緊張感もある、他のどこでも受けることのできない英語稽古を行って下っていますこと、心より感謝致しております。お背中のお加減はいかがでしょうか。最近は、稽古の際、お辛そうにお見受けする日が増えているように感じております。先日お話しを頂戴しました「弟子の特権」に関するレポート他のPDFをお送り致します。ご指示に従い3つのファイルにまとめました(容量の関係上、メールを2つに分けてお送りさせて頂きました。ご面倒をおかけしてしまい、申し訳ございません)。新書の執筆も加わり、さらにご多忙である中、お手数をお掛け致しますが、お時間が取れるようであればご確認いただけますと幸いです。「弟子の特権」は、もちろん理性と感性を磨くということは同じですが、英語稽古でもなく、特別稽古でもなく、どこか違ったものを感じました(だからこそ、「特権」として先生が設けて下さっているのだと思いますが)。今日はあいにくの雨でしたね。けれど、雨はとても心を落ち着け、不要なものを流してくれるように思います。この静かな雨音に先生が癒され、お背中の痛みも和らいでくれたら幸せです。

敬意を込めて
M.U.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆