AX

レッスン日記(重要教材)

本物は「紙の辞書」(a paper-made dictionary)で勉強する

2014-09-17 |

本日は、受講生・D.Y.さんの早朝レッスンが終了後、すべての早朝レッスンが終わった後にD.Y.さんと有楽町駅前で待ち合わせをして、駅前の大手書店に行ってきました。

書店では、D.Y.さんが勉強で使う「紙の辞書」(a paper-made dictionary)についてアドバイスを行いました。D.Y.さんは、その場で、私が推薦する辞書を購入し、その後、仕事に行きました。

言うまでもなく、一般社会では、いわゆる電子辞書を使っている人がほとんどでしょう。しかし、実際のところ、時間をかけてしっかりと英語を学ぶためには、100パーセント間違いなく、「紙の辞書」を使ったほうが、より堅実な方法で学習を進めることができます。

真の学びの道において、電子辞書ではなく、一体どうして「紙の辞書」を使ったほうがよいのか、・・・本日は、このことについて深い思索を試みてください。

追記:
辞書のことで講師に相談がある受講生は、躊躇することなく、直接、講師に尋ねてください。