AX

レッスン日記(重要教材)

受講生・J.K.さんにおける最近の学習状況

2014-09-15 |

このたびは、受講生・J.K.さんにおける最近の学習状況をご紹介します。J.K.さんは、毎日、「自分の限界」に挑戦する日々を送っている熱情あるエネルギッシュな受講生です。

まずはじめに、J.K.さんにおけるレッスン復習用ノートをご紹介します。

⇒ J.K.さんにおけるレッスン復習用ノート<1>

⇒ J.K.さんにおけるレッスン復習用ノート<2>

上記ノートは、ボイスレコーダーをフル活用して行った1週間分のレッスン復習用ノートです。J.K.さんは、上記ノート作成に加え、長い期間にわたって、講師が著した哲学書(生井利幸著「人生に哲学をひとつまみ」(はまの出版))について、少しずつノートに整理する日々を送っています。

J.K.さんは、哲学書(人生に哲学をひとつまみ)のノート作成を、”少しずつ、心を込めて丁寧に”取り組んでいます。無理なく進めていくには、まずはじめに、「1年程度の学習プラン」を立て(無論、それ以上でも大丈夫)、”少しずつ丁寧に”継続していくことです。作成したノートは、その都度、レッスンにおいて講師に確認してもらう方法が、途中で断念することなく継続していくコツです。

哲学ノートは、一週間かけて、ノートに2ページでも、1ページでも、いや、半ページでも、ほんの数行でも大丈夫です。毎週、少しずつ作成していけば、一年後には「相当なる勉強量」になります。

当・英会話道場イングリッシュヒルズにおける勉強を成就させるには、「人生に哲学をひとつまみ」についてノートにまとめる勉強は必要不可欠です。人類共通の言語としての英語を習得する上でどうして哲学の勉強が必要なのでしょうか、・・・その理由は、いくつかありますが、講師は、それらすべてについて、「レッスン日記(英会話道場イングリッシュヒルズ内)」を中心に、講師が管理している3つのウェブサイト(英会話道場イングリッシュヒルズ、生井利幸公式サイト、国際教養塾)において詳細に述べ続けています。

J.K.さんからノートのPDFをお送りいただいた際に、以下のような心優しい言葉も頂戴しましたので、以下においてご紹介致します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生井先生、

お世話になっております。先日のレッスンでは傘を貸していただき、ありがとうございました。あの日は大雨でしたが、今日はとてもすがすがしい天気ですね。朝、窓を開けたとたんに、気持ちよい風と暖かい陽光が部屋に入ってきて、散歩したい気分になりました。

先生は、いかがお過ごしでしょうか。背中の痛みは少しは安らいでいらっしゃるでしょうか。先日は背中の痛みについてお話しいただき、ありがとうございました。レッスン日記などでたくさんの生徒の方々が先生を心配なさっていましたが、想像以上に困難な状況なのだと実感しました。そんな中、いつも素敵な雰囲気において温かいレッスンをご教授いただき、ありがとうございます。それに対して、わたしは心の状態がよくなかったりで、きちんと先生からのプレゼントを受け止められていないことが多々あると思います。もっと自分の中のエゴや固定観念を認めつつ追いやって、自分の心のステージを上げて広げていけるようになりたいと思います。

それから、大変遅くなり申し訳ありませんが、9月4日に提出した復習ノートと、power of dictationⅢをお送りいたします。改めて読み返してみると、こんなノートを、先生にも皆様にもお見せしてよいのだろうかと恐縮してしまいました。日頃から、レッスンの復習にも、もっと真剣に向き合って取り組まなければ、ということですね・・。また、PDFは機械の関係で少し見づらいかもしれません。不都合がありましたらお知らせ下さい。それでは、明日、森のギャラリーでお会いできますことを楽しみにしております。今日が先生にとって素晴らしい1日となりますように。

J.K.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆