AX

レッスン日記(重要教材)

「かき氷体験」の意味

2014-07-29 |

夏の期間において、現在、銀座書斎にて「かき氷体験」の学習の機会を設けています。かき氷体験の詳細は、以下のページにて閲覧することができます。

⇒ レッスンにて体験・夏の贅沢・a shaved ice

また、「この学習の機会の価値」をしっかりと認識・理解している英語道弟子課程、弟子(disciple)・M.U.さんが、このたび、かき氷のメニュー表を作成してくれました。メニュー表と共に、以下のような素敵なお手紙も頂戴しました。

このたび、「レッスンにおいて、冷たいかき氷を食べる」という”講師の考え”(講師独自のlogic)には、実は、”相当”深い意味があります。現在、講師は、「かき氷を食べる」という体験が一体どのように当教室で学ぶ受講生・弟子の皆さんのアップグレードに直結するのか、工夫を凝らし、皆さんに「十分な認識・理解の到達」に至っていただくべく思案中です(生井利幸の指導・助言内容には、そのすべてに『意味』(meaning)があります。逆に述べるならば、講師自身、プロの教授者として、”意味のない活動”をレッスン中に行うことはありません)。

近日中に、”spirit dramatically stimulated and upgraded”(予定タイトル)という講義名で、2巻、あるいは、3巻程度に編集した連続英語音声講義(特別編)を作成・一般公開する予定で準備を進めています。受講生・弟子の皆さんが、「楽しく、そして、価値ある学習」を進めていくことができるよう、工夫に工夫を凝らして作成します。