AX

レッスン日記(重要教材)

受講生・H.K.さんが到達した一つの学びの境地

2014-04-29 |

昨日、受講生・H.K.さんは、講師からのプレゼントとして、「特別追加レッスン」を受講しました。「特別追加レッスン」は、本来は、Lesson Extraordinary受講生向けの<極めて特別なレッスン>ですが、通常レッスンの受講生であっても、限界ギリギリまで学び続けている努力家の受講生に対して「講師による地球規模の愛情」を源泉として行われることがあります。

このたび、H.K.さんが受講した「特別追加レッスン」の詳細は以下の如きです。

■特別追加レッスン
1 瞑想
2 講義
  主題:「『美』『美意識』『エレガント英語』の関係性」
      ・・・感覚・知覚・情感についての特講
3 歓談

H.K.さんは、講義の受講を終え、その後の歓談の時間において、「私は今、本当に英語に興味がなくなりました」と講師に述べました。2008年からわたくし生井利幸の厳格指導の下で猛勉強を続けているH.K.さんは、一体どのような”意味合い”でこのような言葉を述べたのでしょうか。

「”英語”しか興味がない人」、「”英語の勉強”のために”英語”を勉強している人」には、この言葉に内在する真意について読み取ることは難しいでしょう。しかし一方、H.K.さんのように完全に講師に「自分の心」を預け、講師の指導・助言通りに学習を進めている受講生の皆さんにおいては、この言葉に内在する真意について、この場で説明するには及ばないことでしょう。

本日は、[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、以下の英語音声講義を掲載しました。

■英語音声講義
“A commodious environment dulls a sense of beauty.”