AX

レッスン日記(重要教材)

“Human life is transient.”、・・・受講生・Y.K.さんに於ける「一秒の価値」

2014-02-06 |

昔も今も、当・英会話道場イングリッシュヒルズで学ぶすべての受講生は、毎日、全身全霊で学習に学習を重ねています。

ニューヨーク式基礎英会話・6ヶ月特訓コースで毎週2回のレッスンを受講している受講生・Y.K.さんは、レッスンをスタートしてから6ヶ月を迎えようとしています。Y.K.さんは、現在、月曜日から金曜日は、朝の2時に起床し、朝の6時までレッスンの復習をし、その後、会社近くのカフェで出勤前にさらに1時間勉強しています。このような時間の捻出方法により、Y.K.さんは、毎日、必ず「5時間」の勉強時間を確保しています。

一方、週末は、仕事が休みのため、週末こそ、「更なる勉強をする『絶好の機会』(a golden opportunity)」であると考え、土曜日も日曜日も、それぞれ一日で「7時間」の勉強を行っています。

毎回のレッスンにおいて「実際のレッスンのすべて」をボイスレコーダーで録音できるという学習環境は、言うなれば、「レッスンを家に持ち帰ることができる」ということです。Y.K.さんは、これまでの人生経験において他の英会話スクールで学んできた経験があるからこそ、「当・英会話道場イングリッシュヒルズのレッスンの価値」を必要十分に認識・理解しているのだと私は捉えます。

本気で学ぶ人は、「学ぶ姿勢」が違います。今、私は、「本物を教える喜び」を感じています。Y.K.さんは、レッスンにて、「私の勉強は、まだ始まったばかりです」という旨を講師に伝えています。Y.K.さんは、ニューヨーク式基礎英会話・6ヶ月特訓コースを終了後も、同コースに継続在籍。引き続き週2回のペースでレッスンを受講し続け、所謂、“genuine cultured bilingual”(真の意味での、国際的教養・品格を備えた英日バイリンガル)として変貌を遂げることを「人生のミッション」としています。

“Human life is transient.”、・・・だからこそ、一秒一秒が勝負どころ。「一秒」をどのように捉えるかで、人生は劇的に変わります。

本日は、[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」にて、以下の2つの英語音声講義を掲載しました。

<1>
“Human life is transient.”(英語音声講義)

<2>
“the best way to be a “genuine cultured bilingual” for the students here in this Ginza sanctuary.”(英語音声講義)