AX

レッスン日記(重要教材)

「”the ultimate in elegancy”の境地」について講じた英語音声講義、”Transubstantiation Ⅶ”を掲載しました。

2014-01-16 |

英語道・弟子(disciple)専用ページ、”Privilege given to the disciples”(弟子の特権)にて、新教材、英語音声講義、“Transubstantiation Ⅶ”を掲載しました。

このたびの英語音声講義、”Transubstantiation Ⅶ”(全7巻中、第7巻)のテーマは、弟子専用稽古教材として、わたくし生井利幸が備えるすべての「英知」(philosophia)と「美意識」(a sense of beauty)を”自身の背中”に背負って講じた「『エレガンスに於ける究極的境地』への道のり」です。

形而上学(metaphysics)を大前提として考察するとき、所謂、「エレガンス」とは一体どのような境地を指すのでしょうか。「エレガンスの具現」には何らかの近道はあるのでしょうか。「エレガンスの本質」(the quintessence of elegancy)を認識・理解するためには、一体どのような「理性的経験」(rational experience)が必要なのでしょうか。

弟子にとって、「究極的なエレガンス」を認識・理解するためには、「”spirituality elevated”の境地」を体験具現することが必要不可欠となります。このような見識の下、弟子用稽古教材として作成した全7巻の英語音声講義、「transubstantiation理論」シリーズは、全7巻すべてが、エレガント英語を超越した「エラヴェイティッド英語」(English spiritually elevated)で講義が行われています。