AX

レッスン日記(重要教材)

2014年も、”優しく”・”厳しく”、「最高のレッスン」を行っていきます。

2014-01-05 |

本日は、早くも2014年1月5日(日)となりました。受講生・弟子の皆さん、新年を迎え、たくさんのお年賀状をいただきまして誠にありがとうございました。

やはり、新年に、受講生や弟子の皆さんからフレッシュなメッセージをいただくと、「今年の一年も、さらに多くのエネルギーを投入し、より価値のあるレッスンを行っていこう」という気持ちになります。現在、お一人ずつ、お返事の年賀状を書いていますので、まだ、届いていない人は、もう少々お待ちください。

新年を迎えるにあたり、銀座書斎と、他の受講生・弟子の皆さんのためにと、Lesson Extraordinary受講生・Y.B.さんからは正月用のフラワー・アレンジメント、英語道・弟子、T.A.さんからはガラス製の鏡餅をいただきました。銀座書斎には、正月も関係なく、来客があったり、あるいは、受講生・弟子の皆さんのレッスンが入っていましたが、皆さんにおいては、フラワー・アレンジメントや鏡餅を通してお正月の雰囲気を楽しんでいただきました。

私自身の年末年始は、原稿の執筆、及び、受講生・弟子用の教材作成等、2013年12月31日まで諸々の活動を継続。12月31日の午後からは芸術鑑賞。新年、即ち、2014年1月1日を迎えた夜中には、受講生・弟子用の教材作成等に従事。その後、一旦睡眠をとり、1月1日の午前はシャンパンと料理で新年を祝い、その日の午後から「人生におけるミッションの根本の根本(柱)」としての原稿の執筆を行うなど、通常通りの活動に入りました。「銀座書斎」(the Ginza Sanctuary)は、結局、年末年始を通して、毎日、オープンし続けました。

銀座書斎は、全身全霊で「真の学びの道」を歩みたい人のための”学びの聖域”(sanctuary)です。わたくし生井利幸は、本年も、これまでと全く同じ教育理念を堅持し続け、頑固に、”優しく”・”厳しく”、「最高のレッスン」を行っていきます。