AX

レッスン日記(重要教材)

生井利幸の弟子における「美意識の洗練」(subtilization of a sense of beauty as a disciple)

2014-01-04 |

英語道・弟子(disciple)ページ、”Privilege given to the disciples”(弟子の特権)にて、新教材として、英語音声講義、“Transubstantiation Ⅴ”を掲載しました。

このたびは、「Transubstantiation理論」の連続講義シリーズの第5巻目の講義となります。今回の講義は、「生井利幸の弟子が、”aesthetic sense”(美意識)をどのような方法で磨き抜いていくべきか」について講じた内容です。

本講義の重要ポイントは、「『美』(beauty)をいかに捉えるべきか」、そして、「個々の芸術作品、その他の存在物の面前において、何らかの『優美』(something exquisite)を感じ、そして、捉えたとき、どのようなアクションを起こすべきか」等です。弟子における美意識の洗練は、「弟子の英語」を劇的に洗練させる役割を果たし、究極的には、「世界レヴェルの教養・品格」を養うための最も堅実な道のりとなります。