AX

レッスン日記(重要教材)

You’ve got to be delicate enough in front of sciences.

2013-12-25 |

本日は、クリスマスです。本日も、早朝から、この銀座書斎にて、熱心な受講生の皆さんと共に「理性的空気感」(the air saturated with rationality)の下で価値ある学びの時間を過ごしています。

本日は、受講生・弟子の皆さんに、以下の英語音声講義をプレゼントします。このたびの英語音声講義のテーマは「学問における『デリカシー』の不可欠性」です。概して、デリカシーは、芸術や文化において必要不可欠であり、「学問においてはあまり重要視されない」という見方が一般的です。しかし、西洋におけるトップレヴェルの学者においては、「高度な学術研究を行う上でデリカシーは必要不可欠である」という見識を備えた学者が存在します。

⇒ You’ve got to be delicate enough in front of sciences.(英語音声講義)