AX

レッスン日記(重要教材)

「日本の農業の根本の根本」と「聖徳太子の十七条憲法(604年制定)」

2013-12-21 |

本日は、「日本の農業の根本の根本」と「聖徳太子の十七条憲法(604年制定)」の関係性について講じた英語音声講義を掲載します。

このたびの講義は、日本法制史に興味がある人であれば、日本最古の憲法、即ち、聖徳太子が604年に制定した十七条憲法についての学問的興味から英語音声講義に入れます。

一方、農業、農学(agriculture)からの興味であれば、古代から続く「日本の農業史における中心的農産物である『米』(rice)」についての関心からこの英語音声講義に入ることができます。

この講義は、英語道・弟子(disciple)、K.H.さんにおける英語稽古において講じた講義です。このたびは、K.H.さんに英語音声講義の編集・作成を依頼し、K.H.さんは、他の受講生・弟子の皆さんにとっての価値ある教材になればと考え、実に「真心」を込めてこの英語音声講義を作成しました。

⇒ the Japanese rice agriculture and the Seventeen-Article Constitution of 604(英語音声講義)