AX

レッスン日記(重要教材)

生井利幸公式サイト、「日本国憲法・英語音声講義シリーズ」について

2013-12-17 |

現在、生井利幸公式サイトにて、1946年制定の日本国憲法に関する英語音声講義シリーズを掲載しています。この英語音声講義は、憲法学として、日本国憲法全103条について、条文ごとに法理論を整理し、少しずつ英語で憲法についての基本的考え方が理解できるように講じているものです。このシリーズは、生井利幸事務所の巨大プロジェクトの一つであり、憲法に関する英語音声講義シリーズは、実に、「百数十に及ぶ英語音声講義の数」を予定しています。

講義の学術レヴェルは、英米の法学教育の比較法(comparative law)の講義相当です。実際問題として、現在、生井利幸公式サイトで掲載している日本国憲法の英語音声講義シリーズは、日本では、法学部教授、法曹実務家(弁護士等)、あるいは、国際法務に詳しい法律実務専門家においても、わたくし生井利幸が掲載している内容と同等の英語音声講義を一般公開しているケースはありません。無論、海外における法律家においても、同様の内容のものを一般公開しているケースはありません。

わたくしの英語音声講義を聴講し、「日本国憲法について英語で学ぶ」という学習経験は、所謂、「日本の法律家が、英米のロー・スクールに留学している」という状態と同じような経験でしょう。しかし、わたくしは、「難しい理論を難しく教授する」というステレオタイプな教授方法を行うことはありません。

本日は、Lesson Extraordinary受講生・Y.B.さんが受講した「実際の日本国憲法についての講義」について、以下において紹介します。難しいというイメージを持たれている日本国憲法を生井利幸が一体どのように”わかりやすく”講じているのか、是非、以下の英語音声講義を受講してみてください。

⇒ Introduction to the Constitution of Japan established in 1946(英語音声講義)

このたびの英語音声講義を作成したのは、Lesson Extraordinary受講生のY.B.さんです。Y.B.さんは、他の受講生や弟子の皆さんの参考になればと考え、自分のためだけではなく、「他の受講生や弟子の皆さんにおける学習のため」と考え、講師がレッスンで講じた教授内容を「他の受講生や弟子の皆さん」にも分けてくれました。講師が捉えるY.B.さんのこの行為は、所謂、Y.B.さんが”真心”で行う「草の根的な社会貢献活動の一つ」であると考えます。本来、「地球に存する一個人としての『人間の価値』」というものは、そうした「人間愛、ひいては、人類愛的な行為の一端」にその源泉をうかがえるのだと私は捉えます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
生井利幸先生、

<抜粋>
正直に申し上げて、日本国憲法に関しては、日本語でも理解が乏しいため、どのように学習を進めていいのかがよくわかりませんでした。生井先生からアドバイスをいただいたことにより今後の学習の方向性が定まり、また、一人の日本人として、ぜひ学びたいと強く思いました。貴重な学習のヒントなので、”The Consticution of Japan”の講義に挑戦される受講生・弟子の皆さんと共有させていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

Y.B.
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆