AX

レッスン日記(重要教材)

英語音声講義、”Genuine culture is ultimately cultivated at the risk of your life.”を掲載しました。

2013-12-15 |

英語道・弟子(disciple)専用ページにおいて、“Genuine culture is ultimately cultivated at the risk of your life.”を掲載しました。

このたびの英語音声講義は、「『真の教養』(genuine culture)とは一体いかなるプロセスを介して養われるのか」という究極的境地を講じた講義です。

無論、限られた講義時間においてそのすべてを講じるのは困難ですが、このたびは、講義において「本質的プロセス」のみを講じました。この英語音声講義が発している本質は、「ローカル目線で、『自分にとっての損得』で英語を勉強している人」には、実に、お話にならないほど、理解の到達に及ぶことはありません(英語の勉強のために英語を勉強している人は、英語自体、習得することは不可能です。残念なことですが、これは常に”真実”です)。

「本来、人間はいかなる理由で教養を養う必要があるのか」、そして、「人間は、その教養を使って一体何をすべきなのか」・・・。このたびの英語音声講義は、地球に存する一個の存在者として、「これまでのすべての人生経験」を”自己の背中”に背負って聴いてみてください。これまでの人生において何年生きてきたかは人によって違いますが、これまで経験してきた数々の喜び・幸福感・達成感・悲しみ・困難・辛苦・挫折など、今、それらすべてを”自己の背中に背負って”英語音声講義と向き合ってみてください。静寂の中で何度も繰り返し聴き込んでいくと、次第に、「真の意味での『教養の養い方』」について、その方向性が見えてきます。

この問題について講師に質問・相談したい弟子・受講生は、躊躇することなく、講師に相談してください。質問・相談は、次のレッスンまで待たずに、相談したいと思った時、”即座に”講師に電話することが、人生における限られた時間を無駄にしない秘訣です。講師は、平日・週末にかかわらず、常に、24時間体制で、「本気で勉強したい人」を待ち望んでいます。講師であるわたくし生井利幸自身、この日本で、「本質」(the essence)を教授するために、この教室、即ち、「英会話道場イングリッシュヒルズ」を維持し続けています。