AX

レッスン日記(重要教材)

[新受講生・必読] 特別講義ページのオリジナル教材の学習方法

2013-12-14 |

受講生の皆さんにおいては、実際のレッスン受講を基盤として、毎日、ボイスレコーダーをフル活用して、レッスンの復習に全力を尽くしていると思います。

通常レッスンにおいては、受講生のすべてが、[特別講義]「国際的教養・品格を備えた英日バイリンガルへの道」に掲載済みの大量の英語音声講義、及び、文書教材の中から教材を選び、レッスンごとに、レッスン・スタート時に「学習の成果」(ホッチキスで留めたノートのコピー)を講師に提出し、その場で、提出した学習の成果に関するレクチャーを受けています。同ページの教材は、「番号の若い順」(Vol. 1)から取り組み、時間をかけて丁寧に学習していくことが「最も効果的な学習方法」となります。

当教室には、1)「週1回のレッスン受講をしている受講生」と、2)「週2回のレッスン受講をしている受講生」が在籍しています。以下において、それぞれにの受講生における最も適切なオリジナル教材の勉強方法を説明します。

<1> 週に1回のレッスン受講をしている受講生
レッスン受講をしたその日の夜に、次のレッスンまで学習する教材を選択。1週間かけて丁寧に学習し、レッスン当日に講師に提出。

<2> 週に2回のレッスン受講をしている受講生
1週間に2回のレッスンにおいて、それぞれ個別にオリジナル教材の学習の成果を提出するには、それぞれのレッスン日の1週間前から準備し、1週間かけて学習することが最も適切な方法。この方法により、無理なく、それぞれの学習の成果を、レッスンの当日に講師に提出することが可能となる。

<英語音声講義の学習方法>
教材が「英語音声講義」の場合は、まずは、英語音声講義を何度も何度も聴き込み、ノートを使って時間をかけて丁寧にディクテーションを行う。ディクテーションが終わったら、自分なりの方法で要点を整理。英語音声講義は、かりにノート作成が終わっても、レッスン受講当日(直前)まで、繰り返し、何度も何度も、聴いて聴いて聴き込む。

<文書教材の学習方法>
教材が「文書教材」の場合は、まず第一に文書教材をプリントアウト。プリントアウトした紙の教材を、<線を引く・メモを取る>などをして心を込めて丁寧に熟読。熟読後は、たっぷりと時間をかけて、自分なりの方法でノートに整理。

上記の方法により、受講生は、極めてシステマティックに、「相当濃い内容のレッスン」を受講することができます。言うまでもありませんが、講師が作成したオリジナル教材を学習したかどうかで、レッスンにおける学習内容のクオリティーが、実に「雲泥の差」と言えるほどの違いが出てきます。

[補足]
面談を合格し、レッスンをスタートして間もない新・受講生に対しては、別途、レッスンにおいて、ご本人に最も適切な方法で学習方法を指導します。