AX

レッスン日記(重要教材)

Lesson Extraordinary受講生・M.U.さんが、英語道弟子選考試験を受験します。

2013-11-27 |

昨日、Lesson Extraordinary受講生・M.U.さんが、英語道弟子選考試験を受験したい希望を講師に表明しました。「英語道・弟子(disciple)になる」ということは、実質上、「わたくし生井利幸の弟子になる」ということ。M.U.さんは、これまでの学習経験に加え、さらに、生井利幸による究極的指導の下、1)「命をはって真の学びの道を歩んでいく」、2)「『エレガント英語の真髄』(the quintessence of elegant English)を究めていく」という決意をしたのです。

現在、M.U.さんは、仕事上において「相当なる厳しい道」を歩んでいます。毎日、「体力の限界」と闘いながら、自ら選んだ困難な道を、”勇気を持って勇敢に”歩み続けています。2013年も終盤を迎え、M.U.さんは、2014年もさらに自分を律し、「究極の究極」まで自分自身を磨き抜いていく覚悟で、英語道・弟子コースに志願をしました。私は今、心から、M.U.さんが英語道弟子選考試験に合格することを切望しています。

本日は、全4回の連続講義、「エレガント英語具現を目的とする英文法習得の重要性」(the importance of learning grammar to speak elegant English)について、第4回目の英語音声講義を掲載します。

⇒ the importance of learning grammar to speak elegant English Ⅳ(英語音声講義)