AX

レッスン日記(重要教材)

受講生・M.K.さんが、英語道・弟子(disciple)選考試験に合格しました。

2013-11-08 |

2013年10月25日、受講生・M.K.さんが英語道・弟子選考試験を受験し、見事に合格しました。M.K.さんは、2013年4月から通常レッスンの受講をスタート。M.K.さんは、通常レッスン受講スタート時から、実に半年で、英語道・弟子となりました。

講師であるわたくし生井利幸は、英語道・弟子コースにおいて、日本はもとより、世界最高峰の教授法を駆使しています。「英語道・弟子になる」ということは、事実上「生井利幸の弟子になる」ということです。それ故、このコースでは、まさに「正真正銘の本物」を学ぶことができ、それと同時に、「正真正銘の厳格道」を歩むことができます。

ただし、生井利幸の弟子として、厳格に厳格を重ねて「エレガント英語の真髄」(the quintessence of elegant English)を究めていく道は、決して簡単な道ではありません。簡単どころか、毎日、困難な日々を重ねていくことになります。講師は、「厳格な指導」を行う上で必要と思われることは、躊躇なく、その都度、弟子に対して、必要な指導・助言を与えています。一方、講師自身も、毎日、自分を律し、厳格な精神基盤を堅持して毎日を過ごしています。

当・英会話道場イングリッシュヒルズにおいて生井利幸が行うすべての厳格指導は、「本物の英日バイリンガル」を養成する上で必要不可欠な指導となります。本日は、以下の2つの言葉を、英語道・弟子、M.K.さん、そして、他のすべての弟子と受講生の皆さんにプレゼントします。

There is no easy way in learning. (Toshiyuki Namai)
(学びの道に、簡単な方法など一つもない。)

There is no royal road to learning. (Euclid)
(学問に王道なし。)

The Disciple of the course of Eigodo, Ms. M.K.