AX

レッスン日記(重要教材)

Lesson Extraordinary受講生・Y.B.さんが執筆した記述、「“cultivation”についての気づき」を掲載しました。

2013-08-30 |

このたび、「受講生の”philosophia”」ページにて、Lesson Extraordinary受講生・Y.B.さんが執筆した記述、「“cultivation”についての気づき」を掲載しました。

このたび、Y.B.さんが執筆した記述は、極めて見識の高い記述内容です。記述は、一見するとシンプルな内容のように感じられますが、時間をかけて丁寧に熟読すると、1)「cultivationとは、本来、人間の一生においてどのような意味を成すのか」、2)「究極的な意味での『教化』(教養化)や『洗練』とは、一体どのようなものを指すのか」等、諸々の重要問題について考えるためのヒントが見えてきます。

Y.B.さんが記述の中で述べている「高次のcultivation」とは、英語では、”highly elevated cultivation”を指します。”highly elevated cultivation”とは、所謂、世界に存する教養人(cultured person)が到達する究極的境地と言えるものであり、この境地について認識・理解するには、まず第一に「相当レヴェルの教養」を養うことが必要となります。

この境地、即ち、”highly elevated cultivation”について詳しく知りたいという受講生は、講師に直接訪ねてください。