AX

レッスン日記(重要教材)

英語道弟子選考試験・受験予定者の皆さんへの注意事項

2013-08-26 |

現在、通常コース受講生の皆さんにおいて、数人ほどの受講生が、英語道・弟子(disciple)コースを目指して、日々、学習に学習を重ねている受講生がいます。

英語道・弟子になるには、弟子選考試験を受験する必要があります。確実に選考試験に合格するためには、選考試験を受験するその日までの間も、毎日、英語道弟子ページを細かく閲覧し続けることが必要不可欠です。

講師は、かなり頻繁に弟子ページを更新しています。無論、弟子選考試験の受験予定者は、現在における教材の学習としては、学習の基礎として、「『特別講義ページ』の文書教材・英語音声講義」を数字の若い順から少しずつ行っていくのが最も妥当な学習方法です。しかし、その一方で、それと同時進行で、弟子ページにおけるコンテンツの更新状況も随時確認していくことが必要不可欠となります。

これから弟子の選考試験を受けようとする受講生が、弟子ページのコンテンツ(更新状況)に興味がないようでは、選考試験を受ける以前の問題として、選考試験に合格するための最低限の条件を満たすことは不可能でしょう。言うまでもありませんが、「形だけこなせば大丈夫」という考え方で選考試験を受けても、選考試験に合格することは不可能です。講師は、”黙って”、受験予定者の「学習状況」「心の動き」を見ていますが、実際、受験予定者の「心の中の真実・本音」を読んでいます。読んではいますが、必要性が生じない限り、このことに触れることはありません。

英語道・弟子は、毎日、弟子ページの更新状況を細かく確認しています。そして、これから弟子選考試験を受験しようとする受講生も、「弟子と同じような緊張感」を持つことが必要です。

「命をはって勉強します!」と口で言うことは、誰にでもできます。言葉で「決意」(determination)を表明することは簡単ですが、最も大切なことは、言葉で表明した「決意」を、「実際の行動」(real action)で講師に示すことです(感じさせることです)。

英語道・弟子のパスワードは、定期的に変更されています。最近も、パスワードが変更されました。変更後、パスワードを講師に訪ねていない弟子選考試験受験予定者は、直ちに講師に訪ねてください。「パスワードは、レッスンにて”ついでに”聞けばいい」と考える受験予定者からは、残念ですが、勉強に「真剣さ」「緊迫感」が感じられません。このようなことが続く場合、そうした受験予定者に対しては、「弟子選考試験の受験それ自体について、講師側からお断りする」という判断をせざるを得ません。

受験予定者の皆さん、受験の準備を行うプロセスにおいて重要なことは、常に「危機意識」を持つことです。危機意識を持たない勉強は、本物を目指すための勉強ではありません。